行き詰ってはダイスを転がす毎日です。常に初陣。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年05月03日 (水) | 編集 |
ゴールデン・ウィーク…ああ、ゴールデン・ウィーク。
なんて甘美な響きなの、ギョールデン・ウヒ~…ゲホゲホゲホ。

なんで、いつもいつもいつもい~っつも、長期休みの開始と同時に風邪ひくんじゃい!連れ合いよ(呪詛)

ハイまた来ましたよ、呪いの連鎖感染。
G.Wまるごと消えた~。

いやいや、毎度の事ながら理由は明確です。長期休暇に備えて、直前まで忙しく過ごさざるを得ないワケですから、休みが始まると同時に気が抜けてしまい、疲れがドッと押し寄せたのでしょう。

今回もまず連れ合いが丸2日寝込みました。次の日にププルンが発熱。それも丸2日経て、昨夜からは私の喉というか鼻の奥がモチのように腫れております。わ~!今日から5日間は医者も開いてないっての(死)

そうそう、昨日ププルンは通院のハシゴをしました。そらもう泣いた泣いた、暴れた暴れた(げんなり)小児科で風邪を診てもらって、その足で歯科に寄ってのフッ素の塗布(2回目)です。処置が終わると同時に診察台に立ち上がり、泣きながら先生に「バイバイ~!バイバイ~!」と手を振るので、爆笑されてしまいました。

ププの前歯2本は形がいびつです。扇形の底辺のように、内側にえぐれた形をしているのです。医者からは虫歯になりやすいタイプの歯と聞いたので、毎日の仕上げハミガキの度に歯の内側を覗き込むのですが、陰になっているだけなんだか、う蝕が始まっているんだかよく見えません。

心配でついつい念入りに磨いてしまうため、嫌がって「ボゲアアア!」と泣いて暴れます。毎晩こんな調子で絶叫されては、近所から虐待してると思われそうです。ドメスティーック!

こんな風に書いていると、まるで子供の虫歯に対して神経質になっているお母さんかと思われそうですが、そうじゃないんです。

そりゃまあ出産直後で子育てに対して意気込んでいた頃は、3歳までに大人と箸の共有などしなければ、ミュータンス菌の感染もせず、虫歯にならないと聞いて頑張るつもりでした。が、

無理無理。3年間なんて、ずえ~ったいに無理。

離乳食開始の頃から既に、実家の大ばーさん(私の母方の祖母)てば、私がトイレに行ってる隙にププルンに自分のスプーンからアイスクリーム食わせてるし(死)もうあきらめた。

大ばーさんの話に限らず、なんでもベロベロやっちゃう頃に無感染を徹底しようったって無理な話です。無菌室で純粋培養してない以上、ハミガキを頑張るしかない。

子供の虫歯対策に悪戦苦闘する母であるそんな私は、妊娠中から出産後にかけて歯がボロボロになってしまいました。もう半年以上も歯科医院に通院中です。身体は太っていくのに、歯茎は痩せていく…ごわい~。
テーマ:なんてこったい
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。