行き詰ってはダイスを転がす毎日です。常に初陣。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年02月19日 (日) | 編集 |
私の身体に関する悩み事のひとつに「喉の異物感」というのがあります。もう5年以上続いています。

きっかけは風邪による発熱を堪えての通夜+葬儀参列でした。真冬の礼服姿は極寒です。しかも親戚宅でしたので手伝いをしなくてはならず、家に帰りたくても船+車=3時間の場所です。やっと帰れた頃には喉が痛くてお茶を飲むこともできませんでした。

その風邪が治っても喉の異物感が全く取れないまま今日に至ります。耳鼻咽喉科でファイバースコープを使って調べてもらいましたが異常なし。最近になってようやくそれが「ヒステリー球=咽喉頭異常感症」と呼ばれる症状であることを知りました。

原因の根本はストレスなのだそうです。確かに楽しい時は忘れてるのに、肩こりが酷い時に思い出しては何度も唾を飲み込んだりしてしまいます。

「ヒステリー」だなんて適当な一言で片付けられてるな~とは思いましたが、確かに「気のせい」だと理解しています。耳鼻咽喉科の医師も「単なる気のせい」だと言ってましたが、よくある症例の一つとして当時のうちに診断を下してもらえてたほうが安心できていたのになと思います。なんか今頃ハラ立って来た(死)

前置きが長くなりましたが、ここ数日ひさびさにこの症状を強く感じています。ええ、解っていますとも。原因は深夜のゲーム三昧です。RPGは手の止め所に困ります。

そこでネット検索してみたところ妙な単語を見つけました。「臭い玉(くさいだま)=膿栓(のうせん)」という名前です。

【参考ソース】特命リサーチ200X(2004.1.11報告)

詳しく読んでみて「うわー!コレだったんかー!」と声を上げました。子供の頃に時々口の中に発生した白い塊のことです。ピーナツを噛み砕いた欠片みたいな物で、潰すと異臭がします。

毎日歯を磨いているのにこの発酵臭。どうやら食べカスでもなさそうだし、自分にしか無い存在だと悩んでいました。しかしながら近年見ることがないなあと思ったら、加齢とともに減るのだそうです(微妙)

は~目の前の霧が晴れたようにスッキリしました。肝心のヒステリー球は治らんけど…

で、読み終わった後でコーヒーの入ったマグカップに手を伸ばしたわけです。そのマグカップとはサンクスのガンダムくじで当てた物(ぶっちゃけ参加賞)なのですが、名セリフがたくさん書いてあって楽しめます。連れ合いは殆どのセリフについて、その状況を解説してくれましたガノタめ!(笑)

その数あるセリフのひとつに、今さっき「臭い玉」について読んだばかりの私にクリティカルヒットしたものがありました。

あえて言おう!カスであると!

腹痛い~(笑)

20060219174807
テーマ:どうでもいいこと。
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。