行き詰ってはダイスを転がす毎日です。常に初陣。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年07月07日 (木) | 編集 |
朝、心配していたププルンのケガの痕は黄色くなっていました。夕方にはスッキリと消えてなくなっています。赤ちゃんって細胞の入れ替わりが激しいんだなあと驚くばかりです。

病気して、ケガをして、だんだん子供は強くなるものだと言われますが、ジャガイモどころか雪平鍋みたいな頭になったらどうしよう(死)さらに進めばゴルフボールのディンプルみたいに…あ、角が増えたら円になる理屈か(納得)

今日のこちらは午後からバケツをひっくり返したような豪雷雨に見舞われました。水害に至るまでの雨量は困りますが、これで少しでも渇水問題が解消しますように。

我が家では風呂の残り湯を再利用していますが、いずれしばらくはごんたくれのププが浴槽に落ちて溺れないよう、水を溜めておくことができなくなります。もったいないけれど命には代えられません。話には聞いていましたが、ほんっとに予測不可能な行動をするんですね子供って(汗)

そういやププがハイハイし出すまで全く忘れていた小さな疑問が家の中にあったことを思い出しました。
それは浴室ドアの外鍵です。

浴室で事故が起こる可能性を懸念して「そろそろ鍵を付けないといけないかなあ」と考えつつ浴室のドアを眺めていたら、とっくに付いてました!それも高い位置に。

以前その存在を見つけたときは「なんで外側に?窓から泥棒が入った時に備えて?」程度の疑問でしたが、これで解決です。

この鍵にププの手が届く頃を想像すると一抹の寂しさを感じます。しかし私の想像の中で成長しているププは決して美しく楚々とした印象ではなく、ケガにケガを重ねた結果、頭の形がボッコボコになるまで鍛え上げられた豪傑娘なのです(怖)

お腹の中にいる頃からスピニングバードキックしよるんちゃうんかと思うほど足技の凄まじかったププルン(悲鳴)エアマスターみたいな娘になったらどうしよう…それはそれで母としてモエ対象。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。