行き詰ってはダイスを転がす毎日です。常に初陣。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年12月10日 (土) | 編集 |
20051210174803


土曜日の夜に家族そろって友人宅へ訪問してきました。
私たち夫婦と同じく高校時代からの遊び仲間です。

お子さんは小学6年生のお姉ちゃんと、3年生の妹ちゃんがいます。
ふたりそろってププルンをいっぱい可愛がってくれました。

お姉ちゃんが生まれた当時、私たち夫婦はまだ新婚でした。赤ちゃんに慣れてなくて怖がっている私に、遠慮なく触らせてくれたあの頃を思い出して感無量です。

あの子が・・・あの、おしゃぶり咥えてバブバブ言いながら、よつんばいで腰をヘコヘコ振ってたあの子が、私の子供を軽々と抱っこしてる~(感動)

しかも今の私よりはるかに背が高くなってて(死)

この日は男性陣が外へ飲みに出かけている間、我々女性陣は家で店屋物を取ってまったりと過ごしました。で、私が携帯メールを使って写真とタイトルだけを一時投稿していた時のこと。

件名の欄にブログのタイトルを「女・達・の(ここまで変換済み)うた…」まで打ち込んでいたら、隣で見ていた3年生の妹ちゃんが「うたげ?」とサラリと訊ねてきました。

私にはちょっとした驚きです。小学3年生のボキャブラリに「宴~うたげ」という言葉があるなんて!へえ~!へえ~!へえ~!

色んな観点から彼女達の成長ぶりを知った楽しいひとときでした。

テーマ:日々の出来事
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。