行き詰ってはダイスを転がす毎日です。常に初陣。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年07月31日 (日) | 編集 |
就寝直前に嬉しい事がありました。

ソファのそばでハイハイしていたププルンが、正座の体勢からソファの皮をつかんで、どっこらせとたっちしたのです。

私が予測していたたっちデビューのポイントは、いつもウロウロしてる手ごろな高さのローテーブルかAVボードぐらいになると思っていましたので

「まさかあそこで立つなんて!」

とびっくりしました。紛らわしい表現だ。

1週間ぐらい前から自力でお座りできるようになってたのですが、まさかもう自分で立ち上がれるようになってただなんて…(感涙)

赤ちゃんぽさがどんどん消えていって、光の速さで成長してしまうようでさびしいぐらいです。

でも感動はバッチリ写真に残しました。しかしこっそり祝いに来てたご先祖様が一緒に写ってたら悩みどころですよ。

いやご先祖様ならまだええけど、これ以上は考えたくないです。季節柄。

今私の頭の中では次の段階に進むププの姿を想像しています。伝い歩きが上手くできなくて歩行器に頼ろうとするププルン。

そこで私はは泣きながら叫ぶわけです。

「プララのばか!いくじなし!母さん、母さんもう知らない!うわー!」

ずばりアルプス少女ハイジごっこですよ(笑)

でも妄想だけにしときます。こんなんでも一応おとなやし。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。