行き詰ってはダイスを転がす毎日です。常に初陣。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年08月12日 (金) | 編集 |
ププルンと一緒に後輩の家に遊びに行ってきました。
後輩の家の近所には子午線で有名な天文科学館があります。

正確な正午を知らせるサイレンも良く聞こえました。
この環境で暮らしていると子供達の体内時計も正確になりそうです(笑)

彼女の息子T君が、大切に保存していたらしい新聞の切り抜きを手渡してくれました。よく見ると最近流行のご当地戦隊ショーの案内が載っています。

軌道星隊シゴセンジャー

なんか肩のところに135E(東経135度)とか書いてあるし
はっ、はっ、腹が痛いっ(爆笑)

意外にも子供達には大好評なのだそうです。ちなみにT君は悪役のブラック星博士(ゴロ悪ぃ)を本気で怖がっているので、躾のネタとして使うには効果てきめんかも(笑)

そうそう今日は行きと帰りに駅でちょっと良い話がありました。

行きの降車駅階段で、先にベビーカーごとププを降ろしてから脚の不自由なお婆さんを手伝っていたら、通りすがりの老夫婦がププルンの傍に立って「私らが赤ちゃん見てるから心配せんでええよ!」と声をかけてくれました。

帰りの降車駅ではこれまた通りすがりのマッチョなおじさんが「どれ、手伝ってやろう」とベビーカーを抱えて、長い階段を降りてくれました。おじさんはププに手を振って爽やかに去って行きました。

誰かの手助けをした帰り道に、誰かに助けてもらえるだなんてドラマみたいな出来事です。ミラクルミラクル。

てゆーか階段しかないのに無人ってどーなのよ●陽電車。
たすけてシゴセンジャー!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。