行き詰ってはダイスを転がす毎日です。常に初陣。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年08月20日 (土) | 編集 |
父方の祖母の家に遊びに行ってきました。

一軒家で一人暮らしをしている彼女は機械編みと洋風料理が得意です。今日も焼きたてのクルミ入り食パンとレーズンクッキーを用意して待っていてくれました。

誰かに歳を訊かれた時、まだ86歳なのにもかかわらず「わたくし90歳ですのよ」とドンブリ勘定で答えるチャーミングなおばあちゃんです。

いつも遊びに行くたびにププルンと一緒に写真を撮るのですが、今日はおばあちゃんが「あんたこれ憶えてる?」と古い人形を出してきました。赤ちゃんの形をした抱っこ人形です。

弟がププぐらいの頃にこの人形と一緒に写っている写真を実家で見た覚えがあります。私が赤ん坊の頃からすでにあったものかどうかは定かではないのですが、いずれにせよ古い人形なのは確かです。

おばあちゃん、私達の思い出と一緒に大切に持っていてくれたんだなあ…

と、しみじみしながら人形を受け取ってみると、毛玉まみれで酷くボロボロになっています。「どしたのコレ?」と訊ねてみたら

「汚れてたから洗濯機で回したら、こないになってもた」

という爽やかな返事が返ってきました。ま、まあ、せっかく洗ってもらったことだしな…ということで、ププと一緒に記念写真は撮っておきました。

やっぱり私のおばあちゃんだけあってアバウトな性格の人でした。父方のおばあちゃんなので私の母と直接血のつながりはないけれど、母もまたアバウトな人間なので間違いなくププもそうなることでしょう。

リ~ング!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。