行き詰ってはダイスを転がす毎日です。常に初陣。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年09月03日 (木) | 編集 |
kabocha1.jpg

実家から丸ごともらっては途方に暮れるばかりのカボチャ。
嗚呼…カボチャ。

「伊東家の食卓」サイトを見て、楽に切れる裏ワザを知りました。
50㏄の水と一緒に炊飯器に入れて炊飯ボタンをピッ!

なんという力技。

ちなみに平均サイズのカボチャなら五合炊きでジャストフィットです。
※くれぐれも水は50ccですよ。500じゃないですよ。

蒸しあがったらすぐに取り出します。
保温で放置はNGだそうです。

kabocha2.jpg

おお!箸で割ったらホクホクの仕上がりに。

半分は皮つきのままマッシュしてコロッケに。

残り1/4も皮つきのまま、ホットケーキミックスに混ぜてカボチャケーキに。

kabocha3.jpg

さらに残ったものは皮を剥いてミキサーにかけ、カボチャのスープにしました。

硬い皮は柔らかくなっているので、包丁を使えば梨のようにスルスルと剥けます。

裏ワザ情報によると、カットもペーストも冷凍可能だそうです。
特にカットの場合、解凍後に味付だし汁に浸してレンジでチンすれば、カボチャの煮物ができるとか。

確かに良いことづくめなのですが、対流の影響で内釜が傷むリスクが伴うようです。
うちのテフロン釜は、カボチャが擦れてできたらしいスリ傷が付きました。

本当なら炊飯器クッキング用とゴハン炊き用の2台に使い分けるのがベストなのかもしれません。

いつも痛い目見てから思い知るんだなコレが。

それでも「丸ごとカボチャ」と格闘するストレスがうんと減りました。
今年の冬はカボチャ尽くすわよ。
テーマ:作ってみた
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。