行き詰ってはダイスを転がす毎日です。常に初陣。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年05月25日 (月) | 編集 |
こちら兵庫県の大型スーパーでは2~3日前から子供用のガーゼマスクが山積みされるようになりました。

とはいえ大人用は殆どありません。

なにせお裁縫のスキルはゼロの私です。
ハンドメイドで立体マスクが作れる人が羨ましい限りです。

ひとつふたつあればガーゼかキッチンペーパーを切って、使い捨てフィルター代わりにできるのにな~と考えるばかり。

そこで今朝の「とくダネ!」で紹介されていた、使い捨てマスクを作ってみました。

【作り方】
1.クッキングペーパー(ペーパータオル)を数枚重ねてハリセンみたいなジャバラに折ります。
2.両端に輪ゴムをホッチキスで留めます。
※留める位置によって子供用も作れます。
3.ペーパーをゆっくり開いて顔につけます。


CAYM3W6Q.jpg

【感想】
紙製の1~2枚では呼吸のたびにペコペコします。
吐く息の湿気で破れそうな不安も。
リードみたいな繊維系の方が丈夫かもしれません。

ペーパーの大きさによって異なりますが、ホッチキスで留める位置はかなり端にした方が良いようです。
またはゴムを2個づつつないだほうが耳が痛くなりません。


CAUQ6WO0.jpg

使い捨てにこだわる方はぜひお試しください。
意外とサージカルマスクに近いフィット感です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。