行き詰ってはダイスを転がす毎日です。常に初陣。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年09月10日 (水) | 編集 |
bg1.jpg

ああ…佐世保バーガー食べたいなあ。

そうだ!近所に売ってないなら作ろう。


なんという直論。
こんな面倒くさいことを言い出すのはたいていダンナ=グルメ奉行(ぶぎょう)です。

それでもまあ、かつて一度も口にした経験が無いものを想像して作るというテロ行為ではないのが救いです。
それをやらかしちゃ~食卓を焼け野原にするのは私だ。

ちなみに本物の佐世保バーガーは今春の京都旅行で食べました。
JR京都駅ビル内にあるLOG KITです。

いやもう、でかいのなんの。
家族三人の食事とはいえ1人は幼児なので、スペシャル(子供のお面ぐらい巨大)とレギュラー(けっこう大きい)の2サイズ(大と中)にしました。

bg4.jpg


なのにダンナは「足らんかもしれん!」とサンドイッチを追加はっちゃけ購入(死)
この男、完全にポテトの存在を忘れとるにちがいない。

なんというA型気質。

気配りという名の大迷惑。
家族3人ともA型だよ。
これはもう呪いだ~よ~。

追加でやってきたサンドイッチも祈りに反して予想通りにでかい。
ダンナはボッタクリ喫茶店にあるような、紙みたいに薄っぺらくて立たないサンドイッチでも想像してたんでしょうか?

後半なんてもう春休みガマン大会ですよ。
案の定、残さねばならぬハメに陥った遺恨試合として幕を閉じました。

ほんでまあ、話を戻しまして。
できあがったのがこれでございます。

bg2.jpg

野菜はトマトだけというウソくささ。
どれどれひとくち…と、ガブリと齧ってみるとザクザクザクっと香ばしい音がします。

ホットプレートであぶったゴマバンズの内側が、ハンバーグの肉汁を吸ってカリカリに揚がっています。
後を追う半熟目玉焼きの黄身が、しょっぱいベーコンにトロリと絡まってきました。
それらのしつこさを洗い流すように、トマトの酸味が口いっぱいに広がって、次の一口へと誘うのです。

どこのグルメ記者だ私は(笑)

いやあ美味しかった。
結局また一人前が余っちゃったけど(死)
お奉行様万歳!

ププルンもハンバーグをこねて、自分のバーガーを積み重ねて作るお手伝いしてくれました。
家族の団らんを深めたイイひと時かと思いきや。

bg3.jpg

家族全員、食ってる間は終始無言。

それでいいのだ。
ハンバーガーとは格闘するもんダー!




テーマ:作ってみた
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。