行き詰ってはダイスを転がす毎日です。常に初陣。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年06月27日 (金) | 編集 |
淡路島牧場で習ったカッテージチーズ作りをもとに、ベイクドチーズケーキ(のようなもの)を作ってみました。

【材料】
成分無調整牛乳1リットル=約250gのチーズになります
レモン汁80ml(酢でもOK。牛乳の8%)
卵(全卵)2個
砂糖60g
コーンスターチ(または片栗粉)大さじ1

cheesecake2.jpg


【カッテージチーズ】
1.鍋に牛乳を入れて50度強に温める
2.火を止めてからレモン汁を加えてかき混ぜる
3.しばらく待つと2層に分離
4.リード等しっかりめのペーパーを敷いたザルでこす
5.こした液体はホエー(乳清)冷たく冷やしてからハチミツなど甘味をつけて飲むと美味しい。
6.白い塊を絞るとチーズの完成。

出来上がったチーズそのものに塩味はないので、ヨーグルトのように塩味、甘味と自由な味付けができます。
豆腐を食べるような醤油+かつお節も合いそうです。

cheesecake1.jpg


【ベイクドチーズケーキ】
レモン風味のカッテージチーズに材料分の卵、片栗粉、砂糖を加えてからミキサーでしっかり混ぜます。

クッキングペーパーを敷いたセルクル(底付タイプ)に生地を流し込んだらオーブンで焼きます。
まず160度で40分。それから200度で5~10分=合計約50分
焼き色が付いたらチーズケーキの完成です。

舌触りの滑らかさには欠けますが、レモンの酸味が爽やかでホッコリした味わいです。
アツアツよりも冷蔵庫で半日以上つめたく冷やしたもののほうが格別に美味しく思います。

次はヨーグルトをザルでこしたもので試してみようかな。


テーマ:手作りお菓子
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。