行き詰ってはダイスを転がす毎日です。常に初陣。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年03月17日 (月) | 編集 |
20080317072846.jpg


先月の話なのですが、弟からもらった鯛焼が見事にストライク。

オーブントースターで焼き直したものをザクザクボリボリかじりました。
なにこれ?鯛焼き食べてる音じゃないよ(爆笑)

あんこを挟んだお煎餅のような鯛焼です。
今までに食べたことのない食感でした。

どうしても焼きたてが食べたくて買いに行きました。
兵庫県加古川市の「やきやきや」さんです。

200803170728462.jpg

(焼けるのを待つパパとププルン)

店はJR加古川駅の改札を南へ出て、商店街の入り口手前を右に曲がり、少し歩いた先の左手に見える地蔵尊の向かいにあります。

なーんだたいして並んでないじゃん、すぐに買えそう。
と思ってたら大間違いでした。

店主らしき焼き方さん1人と、接客兼包装に追われるお手伝いさんらしき2人だけで、予約分を焼くのに大わらわだったのです。

どうやら贈答用の鯛焼はハミ出し部分をキッチンバサミでジョキジョキ切り落とし、整形してから詰めているようで、その作業にも手間取るようでした。

30分ほど待ってようやく買うことができました。
休日も災いしたのか、その後のお客さんには50分待ちと聞いて諦める人もいました。

鯛焼きの周りに付いているはみだし部分をカットするか訊ねられましたが、なにをおっしゃいますやら!そのはみだし部分こそが私にとって最高のごちそうである「あんこ煎餅」なのに。

小雪がちらつく外で、湯気をあげる焼きたてをサクサクほおばるこの幸せ。
冷凍庫に保存した10個も1週間以内に胃袋に消えました。

それにしても気になるのがカットし終わった「はみだしあんこ煎餅」の行方です。

ゴミ箱らしきバケツにどんどん捨てているようでしたが、「割れ煎餅」みたいにグラム売りしてくれないものかな~。貧乏性ですみません。

********************************
鯛焼工房 やきやきや
加古川市加古川町篠原町59
TEL0794-27-5176
定休日:火曜日/営業時間11:00~19:00
テーマ:関西の美味しいお店
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。