行き詰ってはダイスを転がす毎日です。常に初陣。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年07月27日 (金) | 編集 |
加速装置


丸一ヶ月を費やして基礎工事を済ませたこの身体。
いよいよ本格的に脂肪を落とす段階に入りました。
加速装置の登場です。

まずヴァームパウダー。
空腹時を狙った運動開始20分前に水に溶いてゴクゴク。
胃になじませるために時間をおくのです。

アミノ酸の摂取量はこれまで飲んでいたヴァームウォータ500mlの2本分になります(3000㎎)舌触りは甘くてシュワシュワ。不味くなくてよかった。

次に内臓脂肪を落とす薬。
中村薬品工業「ジーフェルスリムA」です。

これは1回4錠を一日3回飲みます。漢方薬と同じように空腹時(食間・食前)です。外出先で飲み忘れることのないよう、小分けして携帯しています。

小林製薬「ナイシトール」とほぼ同じ配合でもかなり安いものを選びました。「防風通聖散」エキス配合です。

こういう薬を使うとズルしているみたいというか、副作用の心配というか、怪しげな先入観があって最初はイヤだったのですが、入手した時期としては良かったようです。

というのも、その他「コッコアポ」など便通を良くしてお腹の脂肪を落とす効果があるとされる薬の類は、使用者の肥満タイプによっては慢性的な下痢を起こすことがあるそうです。

よって水太りタイプの人には効きません。また水分を排出する効果促進の関係上、たとえ固太りであっても平常時の発汗が著しい人にも弊害があるそうです。

私の場合は事前に病院のエコー診による正確な内臓脂肪レベルを確認していたことで、薬剤師の適切なアドバイスを受けられたことが幸いしたのだと思います。

既に1ヶ月かけて筋肉量と体力をUPしていたおかげか、朝のスッキリ以外にトイレに駆け込むことはないようです。

さて現在、使用から5日経ったぐらいですが、100g単位で上下をしながら順調に体重が落ちつつあります。

そしてついに昨夜の入浴後、体脂肪が30%を切りました。
久々に見たよ29.5!
乱視よりも老眼が進んだのかと思った(死)

これも一時的な数字であって、今夜の計測ではまた30.5とかになっているかもしれませんが、いずれ3日に1回が毎日になり、それ以下にもなり…という日が来ることを、ここまでの経験上から知っているので怖くありません。

とにかく停滞期が長かったので、数字の減少を目で見ることができたのはモチベーションが上がります。

よ~っし!準備運動が少ないビリーズブートキャンプの前にNHKテレビ体操もつけちゃおう。クールダウン代わりにピラティスもやりたいぞ(貪欲)

NHKテレビ体操をナメちゃいけません。
今週のメニューにはなんと恐怖の「ランジ」も入ってるんです。

どの筋肉を動かしているのか意識しながらやると、たった5分の体操なのに汗が滲んできます。

特に教育テレビの早朝6:30~6:40放送分をお薦めします。一日おきにラジオ体操第一と第二が付いていておトクです(笑)

ラジオ体操を真面目にやったら、ほんっと汗でるから。
あの恥ずかしいポーズほど内股に効くから!


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。