行き詰ってはダイスを転がす毎日です。常に初陣。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年07月04日 (水) | 編集 |
人は慣れた頃に事故を起こすものです。

腹筋がついたおかげで殆どの動作をこなせるようになり、加えて今月から連れ合いも入隊してくれた楽しさに我を忘れてしまいました。

3週目の応用編にそこそこついていけるようになっていた嬉しさから、うっかり力を入れ過ぎてしまったのです。それは「ランジ」と呼ばれる動作の時に起こりました。

両手で握りこぶしを作って両腕を前に差し出し、片脚を前に出して膝を折る形で屈伸する運動です。脚は交互に入れ替えます。

かなり辛い動作なので、苦しかった先週までは背中を丸めて行っていました。ところが今週は持久力がついているように感じたので、うんと背筋を伸ばしてみたのです。ああビギナー天狗にありがちな勘違い…。

「ビギギッ!」

下に降ろしていた右脚のフトモモが嫌な音を立てました。筋肉が裂けるような感触の、けれどヌルい程度の痛みが走ります。

残りのワークは大事を取って椅子に座ってこなしました。そんなに鋭い痛みでもないので湿布を貼る程度の処置だけにしていましたが、時間が経つにつれて右フトモモがパンパンに張って来ました。運動直後のパンプアップが酷くなったような状態です。

その後ププルンと一緒に音楽教室に行っておゆうぎをこなし、実家に寄って店の手伝いをしました。しかし時間の経過とともに歩くことや車の運転(AT車なので右足だけで操作)がつらくなってきます。

夜の入浴前にズボンを脱いで見たら皮下で薄く内出血しています。これはヤバいかもしれん!と慌てて「肉離れ」についてネット検索してみたところ、短距離選手がよく起こす症状そのままビンゴでした。

内出血を起こしている部分が少し膨らんでいるように見えるのですが、左脚と比べてみることができません。私の左脚は乳児の頃に受けた筋肉注射が原因で大腿四頭筋短縮症を起こしているからです。元々いびつな形をしています。※歩いたり走ったりには支障のないものです。念のため。

せっかく楽しくなってきたところなのに、今休みを取らないといけないだなんて…なんという悲劇。

脂身が減った分、余ってきた皮が下にたるんで来たところだったのに(死)
腹筋がボコついてきたと同時にヘソの形がタテに長くなり、脚にも腕にも筋肉の線が出始めたところだったのに。

それにしては外観が変わったというのに、体重はともかく体脂肪にも全く変動なしってどゆこと?今まで持ってたなけなしの筋肉が腹に集中したの?

奇面組の筋肉大移動?

しかたないのでしばらくは腹筋運動と、椅子に座って上半身だけの動きをこなそうと思います。まだやんのかい。やるんだよ。負ける気がしねえ!

上半身だけ鍛えちゃったら、ますます筋肉大移動か(死)
よーし今日も頑張って二の腕のお肉で羽ばたくぞ。プルプルプル。

ドルマンスリーブみたいな脇の下はもうイヤなんだっ!
ももんがぁ~。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。