行き詰ってはダイスを転がす毎日です。常に初陣。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年06月25日 (月) | 編集 |
ディスク3枚目の腹筋プログラムと、最終プログラムの時間の短さに物足りなささえ覚えた1週間目が終了しました。

私が思うにこのエクササイズを3日間続けられた人は、まず1週間やり通せるように思います。そして1週間やり通せたら、また基礎プログラムに戻った時の自分の疲労度や達成度を知りたくてウズウズするようにできているのかもしれません。すっごいなー。

ちなみに1週間プログラムは日本の通販会社が販売戦略として打ち出しているだけで、実際にビリー氏が推奨しているプログラムは一ヶ月単位の長期スパンだそうです。一日やって次の日休み、筋肉の回復力を鍛えて代謝を上げる流れだとか。

さて1週間を終えての状態はこんな感じです。

【見た目】
1.ヘソの両側に、これまで見たことのないタテ線が発生。
2.背中に回した片手で反対側の脇腹を撫でられるようになった。
3.ブラに乗っかっていた肉が少なくなった(※これが一番良く判る)

【数値】
1.体重は全く減らない。むしろ増えた(+0.5㎏)
2.体脂肪も全く減らない。むしろ増えた(+0.5%)
3.最高血圧が20近く下がった
4.ヘソ周りのサイズが8㎝減少
(※これは本当に驚愕「ウソ!体重減ってないのに何で???」と叫ぶほど驚いた)


さて2週目スタートの今日、8日目を終えての感想を。

相変わらず開始早々10分そこらで息が上がります。ところがビリーバンド装着タイムに突入するとかなりラクです。疲れないのではなくて楽しいのです。筋肉にビンビン響いている感触を確かめる余裕がありました。

終盤の腹筋トレーニングでは肩を床から上げたままにしておける力がついていることが判りました。1日目には殆どできなかったことです。

なんだろうこの感動。跳び箱の段や鉄棒の懸垂の数が増える度に「やったどー!」と自分を褒めた子供の頃を思い出すなあ。

この先、時間が取れなくて休まなきゃならない日が発生したらどうしよう。なし崩しにドロップアウトしそうな自分が怖いです。ランナーズハイというよりワーカホリック気味か?

マッチョな人がムキムキを見せたがる気持ちが判って来た今日この頃。
鏡の前でシャツをめくってはウットリしまくり…。

わー!しっかりしろ私。
キンタロスみたいになったらどうすんの?
別にムキムキになりたいワケじゃないムッキー!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。