行き詰ってはダイスを転がす毎日です。常に初陣。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年06月15日 (金) | 編集 |
おまるDEシッコ


6日前から自分でパンツを脱いで、おまるでオシッコすることを覚えたププルン。現在2歳6ヶ月です。きっかけは朝起きてすぐにオムツを触ったら濡れていなかったので、すぐにおまるに座らせたことでした。

おむつを濡らさずに放尿する気持ちよさに勢いづいたのか、昨日の夜には初めてウンコロリンを出してくれました。

2日前に失敗してトレーニングパンツをウンコでベットリ汚されてしまい、泣きながら洗った母さんにしてみればもう感涙でございます。

これまでおまるをイヤがる彼女に手を焼いて、トイレに補助便座を乗せてみたものの、どんなに時間を見計らって頑張っても一滴も出しませんでした。

足が床に届かないから踏ん張れないのかな?と考えて、便座の両横に足置き場を作ってあげてもダメでした。

実家の母に「アンタの時は1歳未満でオムツが取れた」だの、ぬる~い圧力かけられるのが正直なところ一番しんどかったです。そんな強引なことすっからトラウマになっちゃって、私は子供の頃から過敏性大腸症候群に悩まされてんだよ。きっとそーにちがいない(こじつけ)

そんな母もたぶん祖母(姑)から「早くオムツ取ったげなさい!」って急かされたんだろうな~。前に祖母が自慢げに話してたし。

てゆーか布オムツに苦労した世代と一緒にしないでくれよ…外出先や車中で気がラクだったのに。(死)

しかし寒さが厳しくなる11月で3歳を迎える彼女のためには、そろそろ今お尻を出してても問題ない季節にトレーニングを開始せねばなりません。

今月6月の始め、夏が近づくにつれてお尻のかぶれだしたのをきっかけに「ちゅーちゃん、パンツどうよ?キティちゃんついてて可愛いよ」と切り出してみました。

今では尿意を覚えるたびに自分から「ぜんぜんまいまいでしっこする~」とパンツを脱いでくれます。ちなみに「ぜんぜんまいまい」とはおまるの取っ手(ぜんまいみたいな形)のことです。アニメ「ぜんまいざむらい」を彼女は「ぜんぜんまいまい」と呼びます。

※この画像の時は慌てて座らせたのでタタミのままですが、今は飛び散り防止に新聞とレジャーシートを床に敷いています。

-------------------------------------------------------
【我が家のトイレトレーニングの流れ】

1.こどもちゃれんじの教育玩具
しまじろうがトイレに座っているデザインのオモチャ。青いボタンを押すと「おしっこかな?うんちかな?」とメロディー付きで問いかけ、赤いボタンを押すと「がんばったね!」とファンファーレが流れるもの。

これをトイレに設置し、どんなに触りたがっても徹底的に触らせませんでした。そして親はトイレの扉を開けたまま用を足す前後に、嫌味なほど楽しそうに踊りながら(※いいですか、ここポイントです)ボタンを押すわけです。それをずっと羨ましそうに見てました(ぶっちゃけ洗脳)

初めておまるで用を足した後、自分で赤いボタンを押した時のププルンの笑顔を忘れることができません。どんなんだったかな(ウロ)

2.紙製と布製のトレーニングパンツ
まず紙製は親のストレスを軽減するためです。汚れ物が増えるという親のストレスが減れば、ププルンが失敗しても寛容に接することができると考えました。親子ともに精神的な健康をお金で買うのだと割り切る感じです。

しかしこの紙製トレパン。尿の量によっては結構モレます(死)しかもおまるでシッコの快感を覚えた子供にとっては塗れた感触が気持ち悪いのと紙のガサガサ感という相乗効果ですぐに使いたがらなくなります。まとめ買いしなくてよかった~。

布のトレパンはお下がりで頂戴した可愛いキティちゃん付きです。コレは本当に助かった!厚手のパイル地なのでタップリ吸ってくれます。

ずっと目の前にブラさげては触らせず、ただただ憧れさせていたハデハデパンツを履かせてもらえた途端、両眼をビカアアアアッ!と見開いて輝かせたププルン。なんかマジンガーZが動き出す瞬間を思い出したよ母さん。ブルマー履いてるみたいだもんねあのロボット。

これからパンツデビューされるお子様には徹底してハデで可愛い(カッコイイ)パンツを選んであげるのが良いかもしれません。親的にはウンザリでも本人が好きなキャラクターなら成果も出やすいと思います。(ほ~ら、プリキュア汚しちゃったら可哀想…とか)

ププルンのリクエストはアンパンマンか…そうか…。母さんは電王がいいんだけどな…。95㎝のガールズブリーフなんて無いわな(無理)
-------------------------------------------------------
【当面の課題】

1.尿意のコントロール(ガマンをおぼえる)
現在は外出中および就寝中だけ紙オムツを使っています。オヤスミマンも売ってるけど、当面は余っている紙オムツの消費を兼ねてといったところです。

しかし外出先でもパンツデビューさせるタイミングに悩むところです。特に車での走行中と、音楽教室の稽古中にトイレをねだられるのが難しいなあ。40分授業なんだもん。

2.おまるからトイレへの移行
おまるは出したものの状態が確認できるので健康状態のチェックに最適なのですが、なにより後始末が大変です。

特にウンコロリン(カチカチ)でなくウンチョ(ベットリ)の時がそう。これについては常時おまるの底にトイレットペーパー1枚敷いておくだけでずいぶん違うのかもしれません。

大型スーパーのトイレには大抵子供用の洋式便座が設置されているので、外出先でもどうにかなりそうなんですが、和式しか無いところではどうすりゃいいのか。先日までは、ばあちゃん(私の母)がププを抱えてやって「し~こっこ♪し~こっこ♪」と唄ってもキョトンとするばかりでした。今ならできるのかな?
-------------------------------------------------------

ひとつ山越しゃホホイのホイ。ピースもどきもできるようになったことだし、次の課題はひとりでパジャマの着脱です。
テーマ:トイレトレーニング
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。