行き詰ってはダイスを転がす毎日です。常に初陣。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年03月22日 (木) | 編集 |
ばーちゃんの愛情表現

※この写真は先月、ばーちゃんの還暦祝いの席で撮ったものです

ベランダで洗濯物を干していると、ププルンがお菓子の箱を振りながらこういいました。

「ままー、おかしたべてもいーい?
だって、ちゅーちゃんおなたしゅいたの!」


「…だって?」

今まで会話の合間に「ほんでねー」「えっとねー」というのは聞いたことがありましたが、具体的な接続詞らしき表現を聞いたのはこれが初めてです。

てゆーか「だって」なんて表現、我が家で使うことあったっけ?たぶんNHK教育テレビの影響かな。おそるべし。

しかしTVも使いようで、決めた時間だけ親が一緒に観ながら歌ったり踊ったりする分には良い教材代わりになるようです。共通の話題にもなるし。

そういえば最近「ぐ~チョコランタン」のアネムみたいに、やたらお姉さんぶった口調でモノを言うなあと感じてはいました。

「ちょっとまま!ハシャミつたったら、おたたづけしないとダメよのよ!」

うわー、なんかハラたつ~(笑)
でも所詮は2才児です。

「まま!うんちでるまえに、ちゃんとうんちっていわなアカンでしょ!だってそうでしょ!」

そらアンタだよ(笑)
ママはトイレの前に自己申告なぞ要りません。

…あ!そういえば、あまりついてこなくなった最近は、トイレに行く前に「ちゅーちゃん、ママおしっこ行ってくるからね」って申告してたっけ。うわあ~!他所で言わないようにしないと(汗)
テーマ:2歳児の日常
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。