行き詰ってはダイスを転がす毎日です。常に初陣。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年01月27日 (土) | 編集 |
かもめ食堂

http://www.kamome-movie.com/

DVDで「かもめ食堂」を観ました。
連れ合いがレンタル店で勧めてくれました。

主演は小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ。観る直前まで「やっぱり猫が好き」のメンツかと勘違いしていたら、あれは片桐はいりじゃなくて室井滋でした。

舞台はフィンランド。街角で食堂を経営している小林。(※役名忘れた)縁あって一緒に住んでいる片桐。空港で荷物を無くして、見つかるまで店を手伝うことになったもたい。(もたい…後に付くだけでなにやら方言のようだ)

小林にとって思い入れのある「おにぎり」というメニューは、フィンランド人にとって敷居の高い食べ物です。当然ながら客は全く入りません。

しかしやがて1人、2人と深いかかわりを持つにつれてお客さんも入ってくるようになります。きっかけは焼きたてのシナモンロールです。

主役の背景事情は深く掘り下げず、採りたてて深刻な事件も無く、ただ淡々と繰り返す日常。

高い天井と、清潔なキッチンと、ピンと張り詰めたように澄んだ空気。
立ち昇る湯気とコーヒーの香りが画面から伝わってきます。

まるで自分もその食堂の椅子に座っているような気分になれる映画でした。何度も観たくなる作品です。

あー、ふっくら大きなおにぎり食べたいっ(笑)
テーマ:心に残る映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。