行き詰ってはダイスを転がす毎日です。常に初陣。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年12月10日 (日) | 編集 |
20061210094554


朝ごはんを作ろうと冷蔵庫を覗いてみたらパンが1枚だけ。
冷凍しておいた白飯を探したら1杯分だけ。

こりゃ困ったぞ。
そうだホットケーキを作ろう!

どれどれ?と牛乳パックを振ってみれば、コップ1杯に満たない程度しか残っていないようです。

しかも私のそばに立って見上げているププルンが「あったたいの、ちょーだい」と、牛乳をねだります。

やれやれと微々たる牛乳を電子レンジでチンしつつ、ふと思いつきました。

そうだ。じろうさん(近所のママ友)にいっぱいもらった調整豆乳のパックがあったっけ!確かスキムミルクみたいな味だったはず。

というわけで市販のホットケーキミックスを使って、牛乳の代わりに調整豆乳を使ってみました。卵も入れます。

私は常々この市販のホットケーキミックスに対して失望を感じていました。パッケージ写真のとおりに厚く膨らまないのです。

ベーキングパウダーを足してみたこともあります。すっぱ~くて、カチカチというよりベカベカになりました。膨らめ~膨らめ~と入れすぎて(死)

伊東家の裏技を真似て、焼いている途中から生地をドーナツ状に足したこともあります。これもうまくできない。

市販品に頼らずに小麦粉から作りましたが、やっぱりペッタンコのカチカチ。最後には諦めて冷凍食品のホットケーキを買う始末。

今日は朝ご飯メニューに困っての急な思いつきだったので、ストッカーにしまい込んだままになっていた古い市販品を掘り出したものの、「あ~喫茶店で出てくるような、キツネ色のフカフカが食べたいなあ」と、考えながら目の前のフライパンでホットケーキを焼きました。

むっ?むむむっ?

目の前のホットケーキがムクムクと膨れ上がっています。
側面にボクボクッと細かいヒビが入って実に香ばしそうな感じです。

なんで?どゆこと?

1つの皿に無理矢理4枚目を重ねようとすると滑り落ちるほどのボリュームです。いつもなら10枚がさねぐらい屁でもない程ペッタンコなのに(死)

温かいうちに1枚づつにバターを塗って、切り分けた隙間にハチミツをタラ~リタラリ。今日は切らしてたけど本当はメープルシロップを使いたかった…っ。

食卓に家族が揃ってから1口パクリ。

なんじゃこれ?なんでこんなフカフカしとんの?

ほぼ同時に連れ合いと嬌声を上げました。
冷めてもなおスポンジ状のフカフカさです。

思い当たることといえば、牛乳の代わりに調整豆乳を使った点でした。穀類VS穀類の相乗効果なのでしょうか?そんなのあるのか?(笑)

賞味期限までまだ日が残っていたとはいえ、ホットケーキミックスが古かったのが勝因だったらどうしよう…。




テーマ:手作りお菓子
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。