行き詰ってはダイスを転がす毎日です。常に初陣。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年11月25日 (土) | 編集 |
20061125181406


午前中にかかりつけのマッサージ師さんに全身をモミまくってもらって気分爽快。帰りに実家の理容室に寄ったら、中3の甥っ子(義兄の長男)が散髪に来てたので、楽しく話をしてフルチャージで帰宅。

さあクローゼットを改造するぞ~!と、中のブ厚い板を連れ合いとふたりがかり抱え、外そうとした瞬間…

ズゴーン!
「げはーーーー!…かはっ!ぐわあああっ!」

およそ女性とは思えない、獣のような叫び声をあげて悶絶した私。

左足のつま先が火を噴いたのかと思いました。指の付け根辺りが押し潰されたように激しく痛みます。邪魔な衣服を除けようと連れ合いがいきなり手を離したせいで、重い板が私の足の上にタテに落ちたのでした。

履いていた靴下をめくってみると皮膚が削れたようなキズと、ブヨブヨと膨れ上がりつつある患部が見受けられます。経験上から考えるに剥離骨折しているかもしれません。

折りしも土曜の夕方です。救急病院を見つけてすぐに出かける用意を整えました。痛みを堪えながらいざ出発というその時、ププルンから何やらスパイシーな香りが…

「まま、うんちでたー」

すまんププ。
ママ今、足が痛いから聞こえないの(死)

余裕が無かったので、んこは包んだまま病院に向かいました。今日はレントゲン技師が帰ったとの理由で(さらに死)明後日の月曜日までギプス固定+湿布+痛み止めを飲んで様子を見ることに。

医師の診断によると現時刻での腫れは小さいですが、骨折している可能性があり、足を上げて血流を抑制しておかないと酷く腫れあがるとのことでした。

するってえとなにかい?午前中にマッサージしてもらってすっかり良くなった血の巡りが、肝心の肩に行かずにケガした足に行くってことかい?

帰りは生まれて初めて松葉杖を使って歩いてみました。レンタル保証金8000円(高っ)ああ給料日直後だったから手持ちがあって良かった…。これが給料日前だったら駐車場まで、ほふく前進でズリズリ這いながら帰らなあかんところだった(死)

只今これを書いている時刻に包帯を外して湿布を取り替えてみたら、アイスパックを乗せて冷やしていたおかげか、想像していたよりも酷い腫れもなく過ごせそうです。なにより冬用の厚手の靴下を履いていたのが勝因だったのかもしれません。

安心した連れ合いは高いびきで熟睡しています。チクショウ!おまえなんか輝け!心のデスノート第1ページ目にノミネート決定じゃ!

あ~折れてないといいなあ…。以前に剥離骨折した場所は足の甲(小学生の頃)と手の甲(ハタチの頃)なんですが、骨折だと判明した瞬間に「あだだだだ…」と痛み出したチキンなもので。

家に帰ってから実家の母に電話で報告したら、

「松葉杖ってどんな感じ?お母さんにもやらして♪やらして♪」

と、不謹慎かつスットコドッコイな返事が返って来ました。そういや小学生の頃は、骨折したクラスメイトが腕用の三角巾やら松葉杖をついてたらヒーロー扱いだったな~と懐かしく思い出されます。

「慣れないうちは10m進むだけでもしんどいよ。前のめりに、ドドドドド~ッと、加速するし」

それを聞いた母は、ますますワクワクしているようですが、チビの私よりさらに5㎝ぐらい背の低い彼女が、脇の下に長い松葉杖を挟んで立ったらどんな姿になるのか、想像する私の方こそワクワクしています。
テーマ:ダメ人間日記
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。