行き詰ってはダイスを転がす毎日です。常に初陣。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年11月23日 (木) | 編集 |
ププルンの成長にしたがって家財道具がドンドコドンドコ増えてきました。

しかも季節は冬とあって、かさばる服ばかり。マンション暮らしでもともと収納力など無かったものですから、ププルンが生まれた段階で既に限界突破していました。

クローゼットに収まりきらない衣類がダンボール箱に入ったまま、それでもそこから着回しはしているという、非常に情けない有様です。

あ~ど~すっかな~と頭を悩ませていたところ、書店で面白い本に出会いました。即買い。

「そうじ力」であなたが輝く!


舛田光洋著「そうじ力」であなたが輝く!

この本の中で特にどの記述に目を奪われたのかというと、
「クローゼットの2割の衣類が、毎日のファッションの8割を占める」という点です。

本当にその通りでした。ざっと見渡しても、ここ数年どころか10年以上袖を通してない服ばかりです。

一目惚れとはいえ試着して決めたはずなのに、自宅で頭が冷えてから着てみたら全く似合わない。いつか着るかも?とりあえず保管。

出産を終えて着てみたら、育ちきったミルクタンクが邪魔でボタンが締まらない(死)実はミルクタンクのせいばかりでもなく、見ようとしなかった背中にもたっぷりとお肉が…ギャース!

実家の母から海外旅行の土産にもらった帽子や革コート数点。帽子はサイズが小さくて入らず、コートは火サスの犯人がラストシーンの岸壁で着てるようなデザイン(死)かさばって仕方ないのだけど、母に悪くて捨てられない太ったゾンビとして溢れ返っていました。

年齢を重ねれば当然ながら年相応のデザインに好みが変わってきます。たとえ体重を10㎏落としたところで、古い服には手をつけないまま、新しい服を買ってしまうにちがいないっ!

クローゼットは長期戦の構えになりそうなので、まずは玄関の靴箱からかかってみました。

靴を全部出して見てビックリ!飾りの金属が腐食して靴本体まで浸食していたものから、イザというときに必要なはずの冠婚葬祭用の革靴でさえ、表面にヒビが入ってて履けやしない状態です。こ、こんなゴミを大事にしまってて、玄関がせまいせまいと嘆いてたのか私は???

ショックを受けたと同時に猛烈な勢いで45ℓゴミ袋にブチ込みました。もうゴミ袋が破裂するかと思いました。2枚に分けろってか?

スカスカに空いた靴箱を雑巾でフキフキしながら「これでププルン用のスリッパも置けるな~、あの子ってば病院で子供用スリッパ履くのを楽しみにしてたもんな~」とボンヤリ考えていたら、

♪ピンポーン

突然の来訪者あり。なんと友人がププルンに可愛いウサギのフワフワスリッパをプレゼントしてくれたのです。

す、すごい!置き場所が確保できたからなんだろうか?本に書いてた通りになっちゃったよ!「必要な物は買わなくても与えられる」

後日、台所でムダに場所を占めていたタッパー類や、捨て損ねていた食器類を整理し終わってから「フ~!これで長いサイズのラップの買い置きを置ける場所ができた!」と喜んでいたら、

その日のうちに実家の母が郵便局でもらったラップを2箱くれました。ヒャー!

現在は少しずつクローゼットを改造中です。次の土曜日は月に一回ある古紙・布類の回収日なので思い切って捨てるどーん。ゴミ袋3つ分…

しかし、片付けたらやってくるのは良いものばかりではないようです。

毎朝起きたらまずメールチェックをするのですが、前夜寝る前にスパムフォルダを整理したにもかかわらず、30件近いスパムメールが来ています。

これまでは毎日のトータルが80件以内でしたが、ここ数日のうちに100件を軽く超えています。たまに必要なメールがスパムフォルダの中に紛れていることがあって、チェック漏れのまま削除してしまうことが多々あるのです。イタチごっこなのは重々承知していますが、そろそろアドレスを変えるベッキーなのかもしれません。

あ、そうか!いらんもんは、おのずとちらかったところ(パソコン周り)に集まって来るってことですか?(死)

---------------------------------------------

と、オチも付けて書き上げた直後にまたピンポーン♪

懸賞当選品のあきたこまち5㎏が届きました。
奇しくも給料日2日前で米が切れた直後です。すげ!

しかし昨日、泣く泣く間に合わせに2㎏だけ買ったっつーの。
素直に喜んでええのか微妙だっちうの。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。