行き詰ってはダイスを転がす毎日です。常に初陣。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年06月22日 (木) | 編集 |
ラスボス戦の手前で放置したまま1ヶ月経過。

弟の友達が貸してくれと言うので、どっこらせと重い腰を上げてようやく終わらせました。

リドルアナ大灯台から空中要塞バハムート最終戦における長き苦闘に反して、エンディングの感動はいまひとつ。私の好きなハッピーエンドだったし、その後の様子も見られて、とても楽しい劇終だったのになあ。なぜか感涙は無かったです。

そういえばプレイ中にあまり入れ込める人物がいませんでした。できればもっと個々の人物の過去について掘り下げた演出が欲しかった…。ていうか、そもそも主人公って誰?もしかして足りない部分の補完は同人誌を漁れと?(笑)

ネタバレを
深く述べたい
でも書けない
(五・七・五)

ともあれ兄弟は良いですね。
今回は3組もいましたよ。

双子の兄弟にモヤっと来たのはⅥ以来じゃないかしら。
でも私のオンリーワンは帝国兄弟ですよ。
バハムートと書いて兄弟船。

なんだかんだ文句つけたものの、充分楽しかったですことよFF12。
初心に還った正統派RPGでした。

まーなんだ。歴代で評判の悪かった回ほど
異様なまでに熱中した私が偏屈なだけってことですか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。