行き詰ってはダイスを転がす毎日です。常に初陣。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年10月15日 (火) | 編集 |
3ヶ月で7㎏落とした。

文字にしてみると、ダイエットフードやサプリメントを連想させるかもしれません。

しかし実際の減量の極意は、

1.朝昼晩3食きちんと食べる
2.食べたら身体を動かす
3.朝起きて夜眠る


という生活を「3か月間続ける」というものでした。

まず1.の食事について。血糖値のコントロールに徹しました。

糖尿病の食事療法を調べていくうちに、血糖値さえガツンと上げなければベスト体重に整うという事を知りました。

1.野菜、たんぱく質、炭水化物の順に、一種完食してから次を食べる。

2.ジュース・甘い菓子はもちろん、スナック系・せんべい・アルコールなど体内で糖化するものは、主食以外に摂らない。

調味料に白砂糖は止めて、三温糖か蜂蜜を使う。

パンは全粒粉(見た目似ているが市販のライ麦パンは別物、ライ麦全粒粉ならOK)

米なら玄米か、白米+雑穀米といった、白く無いものを選ぶ。

グルテン類(パン・ピザ・麺類)は食べない。

3.しっかり噛んで1食に20分以上かける。

4.満腹感を得たら箸を置き、1口分でも残ったら水気の多い生ものは捨てる。

揚げ物、煮物、焼き物などアレンジ料理に利用できそうなおかずは冷蔵庫か冷凍室に。


今までは食べ物を残すという行為に罪悪感があるからといって、自分の胃袋の中に捨てていたようなものです。この余計に食べたカロリー消費の為に悩んだり運動したり等、貴重な時間を費やすことの方がもったいないというように考え方を変えました。

次に「2.食べたら身体を動かす」について。

これは「食休みなぞ要らん!」ということです。血糖値の上昇と共に眠気が襲う前に立ち上がり、洗いものを済ませます。

洗い物の間に胃の中が落ち着いてくるので、済んだらTVでも観ながら10分程度スロージョギングしておきます。胃が重くて跳ねたくない場合は「踏み台昇降」に変えたりします。これを3食毎に(10分×3食後やっておけば1日で合計30分間の有酸素運動は完了です。


ちなみに外食の場合は、外食先で食休みと称して寝転ぶこともありませんので、自宅に帰ってから不足時間分だけ運動します。

開始時は3分でも苦痛でしたが、やがて体重が落ち始めると膝の痛み(骨折痕)や運動中の呼吸が楽になってくるので、この夏は週2ペースで隣町の市営プールに自転車で通うほど元気に過ごせました。

最後に「3.朝起きて夜眠る」について。

これが一番つらかった。だって夜更かし大好きなんだもん!

しかし夜10時以降、特に深夜0~2時といった一番楽しい時間こそが、脂肪の代謝と肝臓やお肌の修復にとってゴールデンタイムなのだそうです。

まあ夜に眠っておけば夜食も食べないし、日中に眠くならないから活動的になるのは当たり前の話でございます。

そんなこんなでまず2ヶ月後に5㎏落とした状態で、1回目の血液検査に挑んでみました。続く~。








スポンサーサイト

2013年10月04日 (金) | 編集 |
事の始まりは今年のGW明けでした。

糖尿病を患っている母が「アンタも試してごらん」と尿糖試験紙「新ウリエースGa」をくれたのです。

そういえば母方の身内(祖母+伯父+叔父)に糖尿病患者が3人もいます。そこに母を加えれば4人です。

やばいやん私。
糖尿一族のサラブレッドじゃん。

ちょうどその頃(GW明け)の私といえば、胃が張って苦しい日が続いていました。

肋骨の右下に手で触ると痛い部分があって、筋肉痛なのか何なのかよく判らない状態です。

食事を摂るとすぐに睡魔が襲ってきます。

普段は飲まない炭酸ジュースを買って飲んでしまったりも。

そこで試してみた「尿糖試験紙」

朝ごはんにおにぎりとみそ汁を食べ終わって1時間後に尿検査です。

判定は試験紙の色で判断します。

異常がなければ真っ黄色。

尿から出る糖度が高ければ高い程、緑色が濃くなっていきます。

で、その時の私の判定はといえば、

真っ黒(死)

ままま、真っ黒ってななな、何???

よく見ると、真っ黒に近い程の緑色なのです。

……ガチやん。これガチで糖尿やん私。

足元の床が崩れ落ちそうな恐怖に包まれました。

即座にパソコン前に座り、尿糖検査紙の結果が糖尿病判定の全てなのかを調べました。

とにかく怖くて怖くて、そりゃもう狂ったように。

翌日の昼食でチャーハンを食べた後に外出し、ジュースを飲んでから1時間後に検尿してみたら、これまた真っ黒。

これ以降の私は殆どノイローゼ状態で約3ヶ月を暮らすことになります。

3ヶ月後にブドウ糖負荷試験を受けたのです。これは糖尿病を判定する為の、最終的に精密な血液検査です。

同じ症状に悩まれてこのページに辿り着いた方の為に結果だけ先に書くと、私は糖尿病ではありませんでした。

次回に3カ月で7Kg落としながら血液検査に臨んだ経緯をお伝えします。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。