行き詰ってはダイスを転がす毎日です。常に初陣。
2008年11月25日 (火) | 編集 |
ただいま季節は冬。

木枯らしが吹きすさぶ中、近所の風鈴がうるさいです。
真冬に鳴りっぱなしの風鈴。なんと寒々しいことよ。

風鈴は夏の盛りに風の動きを感じながら涼やかな音色を楽しむもの。
たとえ夏でも風の強い日なら一時的に外したりするものです。
窓さえ閉まっていれば鳴らないはずなのに、なぜこの真冬に昼夜を問わず鳴り続けるのか?

疑問に思った私は、徒歩で買い物がてら音のする家を探してみました。
なんかストーカーめいてきましたよ私。自分でツッコミ入れとくよ。

それはベランダ側、ななめ向かいの角地にある大きな家でした。
玄関に付いているガス灯型のライトの下に吊るしてあります。

南部鉄でできた灯篭型の風鈴でした。
ガス灯の下に灯篭の風鈴ってワケわからん。

隣の家では12月を待たずしてクリスマス用に豪華ライトアップ(俗称:イエナリエ)が完成されているというのに、よくケンカにならないな~と。

その日の夕飯時、晩酌を楽しんでいるダンナに話してみたら

おう、ママちゃん!
ハサミやハサミ!
高枝切りバサミ買うてこい~!


それいっかも~。

いや磯野さんちのカツオじゃあるいし。
本当にちょん切ったら器物損壊で捕まっちゃうよなあ。

そこでこのやり場のない気持ちをデザイン化してみました。
風鈴は簡単にフリーイラストを使ってみたけど、ここはやはり釣鐘よりも灯篭にしたほうが伝わりやすかったかもしれない。

さあてTシャツにプリントして着るか?
家の前ウロウロしてやるか?(危)

nofurin.jpg


今はこれがせいいっぱい…





テーマ:社会問題
ジャンル:ニュース
2008年11月25日 (火) | 編集 |
連休中は映画を2本観に行きました。
「崖の上のポニョ」と
「プリキュア5GOGO~お菓子の国のハッピーバースデイ」です。

ポニョを観たのはイズミヤ店内にあるシアターです。
まさか我々家族のみの貸切状態だとは。
さらにまさかの暖房なしで絶賛上映中(凍)

冷蔵庫というよりもスケートリンクで映画を観てるような状態でした。
なるほど入口でブランケットを貸し出していたはずだ。

カリアゲ頭で夏服を着て水遊びする宗介くんの姿がなんと寒々しいことか。
太陽ギラギラならまだしも肌寒そうな嵐と津波のシーンがほとんど。
視覚から追い討ちをかける寒さです。

体温維持の為のエネルギーを猛烈に消費するのか、サンドイッチに加えてお菓子を食べても食べても腹が減る恐怖感。

しかも前半はグイグイと面白いのに、後半でグダグダと下がり始めるテンションの作品です。
隣を見ればププルンがポニョに釣られてウトウト半眠り…
あかん。眠ったら死んでまう!

夏に見損ねてしまった以上、DVD化を待てばよかったなと思いました。
せめて温かい(そしてスピーカーの音割れもない)劇場で観たなら、もっと楽しめたのかもしれません。

ポニョは悪くない。たぶん。

翌日はマイカルシネマへプリキュア5を観に行きました。
こちらはロードショー開始直後ということもあって大入満員の大盛況です。

入場前にもらったミラクルライト2を片手にプリキュアを応援する観客の子供たち。
変身シーンの音楽に合わせてワケのわからん替え歌を、喉も枯れよとばかりに絶唱するププルン。

♪へーんしーんするよー
♪へーんしーんなのよー
♪たーたかーうからー
♪たーらららー


まんまですな。
隣で私もローズの決めゼリフを。

くさいオナラはベンピのしるし。ミルキィローズ!

「ママらめぇ~!ママのばかァ~!」

その直後、ローズが変身する直前にトイレに走っていったはずの女の子が戻ってきました。
この劇場のトイレはかなり離れた場所にあるというのに、この戻ってくる早さ。
まさか扉の陰で済ませたとか?ウギャ!

のぞみとココの感動シーンでは、周囲の子供たちのささやき声がコダマします。
「うわ、ちゅーした!めっちゃえろーい!」
ささやいてない。ちっともささやいてないよ。

悪の親玉ムシバーンが本領発揮で上着を脱いだら。
「あのおっちゃん、ブラしとー!」
「ブラじゃないよ。大胸筋矯正サポーターだよゥ!」


悪の親玉ムシバーンは最期に悟ります。

「今まで食べても食べても満たされなかった。
お菓子は…皆で一緒に食べればいいのか・・・」


家族で分け合った海老せんべいとポッキーだけで満腹になった私はコックリとうなずきました。

「そうそう、暖房の効いた劇場でね」

おあとがよろしいようで。
テーマ:アニメ
ジャンル:映画
2008年11月20日 (木) | 編集 |
hoikuen.jpg
去る11月16日をもって満4歳を迎えたププルンさん。
同じマンションに住んでいるママファイターじろう氏ご推薦の保育園に通うことになりました。

当初は来年1月から通園を始める予定だったのを、急遽ひと月繰り上げて来月12月からとなり、その件で昨日の朝に挨拶に伺ったら

「もー今日からでも来ませんか」
どっかーん(じろう氏と大爆笑)
お弁当も用意してないし、今日いきなりはムチャなんで、明日からお世話になりますと挨拶。

というわけで今朝からバス通園です。
じろう氏の次男坊で1歳年上の「小ボン」と大はしゃぎ。
ププルンがずっと憧れていたアンパンマン号に乗って出かけました。
apmgo.jpg

別れ際に怯えて泣くかとほくそ笑んでたのに
「ままー♪ばっいばーい!」だってさ…グスン。

しかしづがれだー。
昨日から浮かれっぱなしのププルンに反して私ひとりブーストアップでした。

お道具箱の用品(ハサミ、糊、クレパス、粘土、ヘラと板、カスタネット)から制服、体操着、下着類、上靴、バッグ類、弁当箱の用意。
それら全ての記名も含めた入園準備を一晩でするわけです。やればできるもんだ。

こんなスゴイ事ができたのも、同じ保育園に兄弟2人通わせた先輩じろう氏のサポートがあったればこそです。
備品の購入手続きの際に頭がグルグルしてしまい、意識がモーローとなって何もかもセットで買いそうになっていたところに、強力なセコンドの檄が飛ぶ飛ぶ。

「あっ、それ買うな!100均で売っとる売っとる!」
「そっち買うといて!友達と揃ってるほうが喜ぶで!」
「通園バッグも靴バッグも縫わんでええ!●●に売ってる安いのん買うてリメイクしー!」


もうほんとに彼女の住んでいる5階に足を向けて寝られません(うち3階)
こんな短時間で入園準備だなんて、広い人脈を持つじろう氏がママ友からおさがりを集めてくれなければ絶対に無理でした。ありがたや~ありがたや~。なむなむ。

ところで保育園は給食が出るので、正式契約となる12月までの登園日5日分はお弁当とおやつを待たさねばなりません。お弁当はともかく、おやつってどんなのを持たせればよいものか先生にたずねてみると

「うまい棒1本とラムネ2粒程度のものでいいですよ」

あーよかった。
食育だかなんだか知らねえが、冷凍食品や型抜きで誤魔化せる可愛いお弁当はともかく、手作りクッキーとかマフィンとか朝から焼いてられるか!と身構えておったですよ。

そんなこんなで始まったププルンの保育園生活。

この保育園では年長さんになったら男子は鼓笛隊。
女子はチアガール衣装でポンポンを持って踊ります。

見学に行った運動会ではフォーメーションの懲りっぷりに驚きました。
毎年秋になると近隣の学祭や会社イベントから出演依頼が来て忙しいそうです。

週1回、外人講師が英語だけで進める授業。
リトミック、器械体操、硬筆+毛筆習字、絵画教室など、小さいうちからさせておきたかった習い事も充実しています。

近所の市立小学校に上がってからは物足りなく感じるぐらいに濃ゆ~い私立保育園ライフなのだとか。
確かに園長先生が天上人キャラってか一番濃ゆ~いです。
政見放送みたいで何を話してるんだかサッパリわかんない(死)

これからはネタに事欠かない毎日を期待しています(笑)





テーマ:保育園ライフ
ジャンル:育児
2008年11月07日 (金) | 編集 |
genki.jpg

3日前のこと。
朝ププルンが起きて来た姿を見て、「なんか顔色が悪いな~?」と思いつつ抱き上げたとたん

「ゲロゲロゲロゲロゲロ…」
私の肩から背中にかけて、ものすごいリバースです。
赤ちゃん期からあまり吐かない子だったのでビックリしました。

起き抜けで胃の中はカラッポだからか胃酸にむせてゴホゴホ咳き込み、さらにゲロゲロゲロゲロ…。
ひととおり吐き終わった顔色は真っ青で、唇は紫色になっています。

11時からの音楽教室は休むことにして、かかりつけ小児科の予約を取りました。

順番が来るまで自宅で布団に寝かせましたが、軽く痙攣している感じです。
意識ははっきりしていて、胃酸で焼けたのか喉が痛いと訴えるので、洗面所で口をすすがせました。

そのあとはまた眠りに落ちました。
一時間ほどしてムックリ起床。

今度は喉が渇いたと訴えるので大好きな乳酸菌飲料(マミー)を100ccほど与えてみたところ、キューっと飲み干し、後はいつもと変わりない様子で過ごしています。

「まま~、お医者さん注射しないよね?だってちゅーちゃん風邪だもん。しないよね?」

いや、風邪かどうかはお医者さんが決める話だから(冷)

熱を測ってみれば36度以下です。
これは平熱よりも低すぎる。

それから順番が回ってきたので主治医に診てもらいました。
初見では自家中毒とのこと。

ところが尿検査の結果から「ケトン性 低血糖症」と判明。

なにそれ?初耳なんですけど!
どんな怖い病気なんですかー???

おそるおそる先生に聞いてみると、小食で小柄な子供によくある症状とのこと。

ストレスや風邪などの体調不良をきっかけに、夕食を食べずに眠ってしまった子供が翌朝、発症したりするそうです。糖分を与えるだけでも回復するとか。

よくいう「偏食が原因でキレやすい子」もこれに該当するとかしないとか(どっちだ)

そういえば昨日は夕食の途中でウトウトしだしたりと様子がおかしかったし、ここんとこいろいろあったっけなあ。

ダンナが買い物先で車ぶつけられて警察騒ぎになったり。
その翌日から電車に乗って1泊でUSJに行ったり。
USJはハロウィンシーズンで結構怖い系のオバケだらけだったし。
何より怖いと怯えていたのがETだったし(正解)
夜、USJのスヌーピーのスライダーで私と一緒に下半身ぜんぶ水浸しになり、ズボン買いに走ったり(死)
発症の前日は、修理が済んだばかりの車を私が車庫入れに失敗し、思いきりぶつけたもんで夫婦喧嘩になったり(さらに死)


そらププルンのストレスも最高潮に達するってもんですよ。
そしてとどめのストレスが、お医者様の一言です。

「じゃ、ブドウ糖を点滴しましょう。30分」

院内に響き渡るププルンの悲鳴。
30分間ずっと彼女をなだめ続ける私の苦闘。

もうすぐ4歳になる彼女が点滴のチューブにつながれた姿を見るのは約4年ぶりです。
元気なものでつい忘れがちだったけど、仮死状態(胎便吸引症候群)で生まれてきたんだっけ。
はじめて産声が聞けたのも生まれた翌日だったんだよなあ。

産まれたばかりのププはNICUに直行で抱かせてもらえず、分娩台の上でボ~っと待ってたら「新生児仮死」と書かれた紙切れ一枚だけ渡されて、「おめでとう」どころか「色んな覚悟しといて」って言われたっけ。

点滴を受けているププの手を握りながら泣けてきた。
「ねえ、ちゅーちゃん。これからはきちんとゴハン食べようね」

小さな手がキュッ!と力強く握り返してきました。

「ママ~あのね~?
ちゅーちゃんは美味しいゴハンが食べたいの」


ひっ、人聞きの悪いこと言うんじゃねえっ!
テーマ:病気
ジャンル:育児
2008年11月07日 (金) | 編集 |
knitbou1.jpg
なんだかどんどんパーツが増えてきましたよ。
オサゲ部分は指リリアン3本編みです。

次は耳当てをダラリと伸ばしてマフラーにしようかなとか。

しかし耳当てマフラーを帽子と同じ2本取で編んだら重くなってしまうかも。
てゆーかアレ便利良さそうに見えて意外に邪魔なのかもしれない。
むーん。

knitmaf1.jpg

ただいま実験的に制作中なのが、このモップみたいな鬼フリンジマフラー。
マラボー(羽根ストール/羽根マフラー)を目指すにはボリュームが中途半端だったか。

でも指で梳きながら整えて巻いてみたら
意外に嘘ゴージャスなボヘミアン気取り。
遠目に見ての話ですが。遠目に。

てゆーかセサミストリートのキャラっぽくなってましたよ私。
ギョロ目の日焼け女がフサフサしてた。
もうミノムシにしかみえない(死)

knitmaf2.jpg

ちなみに本体は細編み(こまあみ)です。
裏と表、1段づつ交互にフリンジを取り付けてます。

根気の要る作業ですが地味に楽しい。たまらん!
全部着け終わってから長さを揃える為にカットするのがむっちゃ楽しみです。

やっぱり私って散髪屋の娘なんだな~と、つくづくそう思います。




テーマ:編み物
ジャンル:趣味・実用