行き詰ってはダイスを転がす毎日です。常に初陣。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年06月27日 (金) | 編集 |
淡路島牧場で習ったカッテージチーズ作りをもとに、ベイクドチーズケーキ(のようなもの)を作ってみました。

【材料】
成分無調整牛乳1リットル=約250gのチーズになります
レモン汁80ml(酢でもOK。牛乳の8%)
卵(全卵)2個
砂糖60g
コーンスターチ(または片栗粉)大さじ1

cheesecake2.jpg


【カッテージチーズ】
1.鍋に牛乳を入れて50度強に温める
2.火を止めてからレモン汁を加えてかき混ぜる
3.しばらく待つと2層に分離
4.リード等しっかりめのペーパーを敷いたザルでこす
5.こした液体はホエー(乳清)冷たく冷やしてからハチミツなど甘味をつけて飲むと美味しい。
6.白い塊を絞るとチーズの完成。

出来上がったチーズそのものに塩味はないので、ヨーグルトのように塩味、甘味と自由な味付けができます。
豆腐を食べるような醤油+かつお節も合いそうです。

cheesecake1.jpg


【ベイクドチーズケーキ】
レモン風味のカッテージチーズに材料分の卵、片栗粉、砂糖を加えてからミキサーでしっかり混ぜます。

クッキングペーパーを敷いたセルクル(底付タイプ)に生地を流し込んだらオーブンで焼きます。
まず160度で40分。それから200度で5~10分=合計約50分
焼き色が付いたらチーズケーキの完成です。

舌触りの滑らかさには欠けますが、レモンの酸味が爽やかでホッコリした味わいです。
アツアツよりも冷蔵庫で半日以上つめたく冷やしたもののほうが格別に美味しく思います。

次はヨーグルトをザルでこしたもので試してみようかな。


スポンサーサイト
テーマ:手作りお菓子
ジャンル:グルメ
2008年06月27日 (金) | 編集 |
awaji01.jpg


日帰りで淡路島牧場へ遊びに行きました。
ププルンは初めてリアル牛の乳搾りに挑戦。

巨大な乳牛を怖がって逃げるかと思いきや
恐る恐る手を伸ばしつつモミモミ握っていました。

登場からご機嫌斜め気味のモー子さんは、しきりに足やシッポををばたつかせていました。

血管が浮くほど乳が張ってつらいのに、絞られ方がヘタだと乳首が痛むんだろな。
思い出したよ出産直後の搾乳地獄の頃を…。
ごめんねモー子(勝手に命名)

そんなわけで絞るより攻撃を避ける方が忙しかったモー(死)

awaji02.jpg


バター作りにも挑戦しました。

【作り方】
1.密封できる容器に生クリーム2:成分無調整牛乳1の割合で調合。
2.ジャブジャブ音が消えるまでひたすらシェイク
3.バターと低脂肪乳に分離すると、タポタポした音が聞こえだす。
4.容器のフタを持って手首を回すようにクルクル40回
5.フタを開けると無塩バターがボール状に完成。
6.分離した液体は低脂肪乳として飲めます。


awaji03.jpg


曇り空で気温が低かったおかげか5分程度のシェイクで完成。
塩味の効いたクラッカーに乗せて食べると、舌の上でサラリと溶けました。

コレが毎朝食べられたら最高なんだけど、5分間ものシェイクはメチャクチャしんどいです。
昔、真夏にココでバターを作った時はもっと時間がかかったっけ。

5000tもの緊急輸入するよりもバターメーカーを作ればいいのにな~。とボヤいていたら、
「足らんのは牛乳なんじゃ!」
とダンナからツッコミが入りました。そーなんか。

それより気になるのは近所のスーパーにて、久しぶりに入荷したバターを買い物カゴにガッサガッサ投げ込みながら
「なんやよう知らんけどバターが手に入りにくいみたいやからようけ買うとこか」
とか話してる、絶対に洋菓子作るワケでも無さげなお婆ちゃんだったりするわけで。
顔に塗るのか?アーユルヴェーダか?


帰りに近所の「イン●ランドの丘」に寄りました。
ボート小屋は券売機が動いてないし、子供用カートは壊れてるし、アトラクションは無人だし、
これやったらもう「丘」だけでええやないの。

とりあえず動物ふれあいコーナーは楽しめました。
看板があっても、おったりおらなんだりでしたが(死)
もうグダグダやん。

dotchi.jpg


園内に置いてあったゴミ箱までこんな調子。
燃発ってなに?爆発と読み間違えたよ…てゆーか
どこのスーパーからパクってきたのかと思った。

写真の編集中に「ああ、トレーって肉や魚のじゃなくて、焼きそばとかの?」と気付きましたが
コレ見た瞬間は無理。
だって売店が軒並み閉まってましたもの。

モ~!いっそここを牧場にして~(叫)


テーマ:家族でお出かけ
ジャンル:育児
2008年06月21日 (土) | 編集 |
serori.jpg


先日、居酒屋メニューで初めて食べた「セロリの漬物」
そのうち作ってみようと思いつつもそのままになっていました。

たまたま買い物に行った店で大量に陳列されていた値引き品のセロリを発見。
ドッサリ買って、さあトライ。

一口サイズにカットした大量のセロリを前に
取り出だしましたる秘密兵器は「ヒガシマルうどんスープの素」です。
これを使った漬物については商品の箱の裏に書いてあります。

ジップロックにセロリと、うどんスープの素。
柑橘系の香りと酸味も欲しいのでレモン汁も加えてから空気を抜くように密封します。

半日置く程度で漬物のできあがりです。

昆布と醤油が効いているので、キュウリや茄子や白菜でも美味しいのですが、まずはセロリをオススメします。歯応えシャキシャキ!

2008年06月21日 (土) | 編集 |
gachapin1.jpg


古い画像フォルダを整理していたら、ブログに書くのを忘れていた画像を見つけました。

ラートに挑戦するガチャピンです。
驚愕のあまり手元のカメラでパチリしました。

gachapin2.jpg


このまま倒れるかと思いきや、体勢を立て直してました。
中の人、凄すぎる。

フジテレビの地下にはきっと
着ぐるみで動ける各種エキスパートってか
ガチャピン後継者を育てる施設が存在してるんだきっと。

ガチャピン虎の穴。
テーマ:TV番組
ジャンル:テレビ・ラジオ
2008年06月21日 (土) | 編集 |
namacara.jpg

田中義剛氏が経営している花畑牧場の生キャラメルを取り寄せて食べました。

う~わ~舌の上で溶ける溶ける溶ける~。
モグモグ噛むなんてできな~い。

塩味が強めなのでバターのようなコクと香ばしさがあります。
子供の頃に食べたナッツ入りのバタースカッチを思い出しました。

お腹が空いたときに思い出すそんな濃ゆ~い味です。

早くブームが落ち着いてくれないかなあ。
ヨーカドーの物産店で気軽に買えるようになったらいいのに。

だってクール便送料込みの合計価格÷キャラメル粒数=ガチャガチャガチャ…チーン!

一粒=97円(高っ)

生キャラメル一粒でグリコ2箱分。
てことは一粒300m×16粒分=4800m走れるカロリー?(※間違った認識)

う~ん1日に1粒だけ。
その日がんばった自分へのご褒美として大切に食べたい逸品でございます。
テーマ:北海道のグルメ
ジャンル:グルメ
2008年06月09日 (月) | 編集 |
毎年スイカを買うなら丸ごと。
数年前に尿管結石やっちまってからの予防対策です。

1/4にカットしたものを家族3人で4日かけて食します。
お通じ快調ー!

たまたま手つかずのままたくさん残ったものはジュースに。
炭酸水で割ると美味しいです。スイカソーダ。

種の配置と裂け具合が顔に見えたので写真に撮ってみました。

suikakun.jpg


鼻の穴からポンポンッ!とスイカの種を飛ばされそうだ(笑)



テーマ:果物・フルーツ
ジャンル:グルメ
2008年06月09日 (月) | 編集 |
31935726.jpg


流行にのっかって(笑)読んでみました。
面白くて吹き出すこと数回。買って良かった。

成功の秘訣は数々あれど
まずは「始めてみること」
そして「続けて行くこと」

それが時間を忘れるぐらい好きなことなら結果は後からついてくる。

ありきたりだけど忘れがちな小さなコツがたくさん
面白おかしいエピソード形式で紹介されています。

ぶっちゃけ小学生(高学年)でも読める、くだけた会話形式のキャラ立ちが秀逸です。

今年中にドラマ化されるそうですが、ガネーシャはCGでしょうか。
ゲキレンジャーのマスターエレハンみたいな着ぐるみだったらどうしよう。
てゆーかアレでドドンパに乗れるのか?

ガネやんの声はもう浜ちゃん(浜田雅功)しかないでしょう。
読んでる間ずっと脳内変換されてました。

吹き替えの上手い下手じゃないんです(ある意味失敬)
ネイティブな関西弁を切望します。

あっ、そーだ!
「いないいないばあっ」のワンワンみたいに、声も着ぐるみも同じ人なら問題ないんじゃないかと。

そういやガネーシャ神って人間の体に象の頭だったっけ。ほんじゃ

浜ちゃんに、つけ耳&つけっ鼻。
これ最強(笑)
テーマ:読書感想文
ジャンル:小説・文学
2008年06月06日 (金) | 編集 |
futou.jpg


英字新聞やポスター、カレンダー、包装紙、紙バッグ等々を封筒にリメイクするテンプレートです。

厚紙を切り抜いても同じものできるんですが、紙製ではあっという間に傷んでしまいます。

そこでKuretake製スクラップ用テンプレートの封筒デザインを買ってみたところ、切り取ったものを組み立ててみたら思いのほか小さい仕上がりでした。うーん使い道少なめ。

欲しかったのは定型郵便物サイズだったのでちとガッカリ。

それから色々探してやっと見つけたのが画像のHEYDA製(ドイツのメーカー)です。
定型普通郵便として郵送できる大きさです。

ぎゃーたのしー!
内職魂に火が点く~(笑)

今度はC6(結婚式の招待状サイズ)も買ってみよう。
テーマ:コレ知ってる?
ジャンル:ライフ
2008年06月05日 (木) | 編集 |
omocha08.jpg


春先に遊びに行った東条湖おもちゃ王国にてパチリ。

直前まで普通に服を着ていたはずの巨大メルちゃん。
私たち家族がほんの一瞬目を離した隙に、行きずりの子供にひん剥かれてました。

普通なら
「ひどいわ。メルちゃん可哀想…」
と哀れに思いつつ服を着せてあげたいところですが、なんつーかこの

「同情なぞ要らぬ!」
と言わんばかりのこの風体に引きました。
幼児なのにケンシロウばりの肩幅です。

喧嘩上等。
なめたらいかんぜよ。
テーマ:面白画像
ジャンル:お笑い
2008年06月05日 (木) | 編集 |
slime.jpg


私がクッキーを焼くときは全卵を使うのですが、卵黄で表面コートした後に余ってしまう卵白の処理に難儀しておりました。

いつも残るのは卵1個分だけと、少量ながら捨ててしまうにはもったいない。

そこで調べてみたら、硬く泡立てたものに砂糖を混ぜて焼けばメレンゲ菓子ができるとのこと。

最初は焼き加減がわからなくて大量のヌガーもどきが完成。
ブクブクと音をたてて歯が溶けそうなナニカです。

失敗を重ねるうちに、焦げる手前ぐらいがサクサク仕上りになることが判りました。

しかしこれがまっ茶色。
店で売られているような真白メレンゲ菓子に仕上げるコツはないものか。

あっ!上白糖でなく三温糖使ったせいかも?
今頃気づいたー!(あたまポカポカポカ☆)





テーマ:手作りお菓子
ジャンル:グルメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。