行き詰ってはダイスを転がす毎日です。常に初陣。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年10月28日 (日) | 編集 |
20071028132620
あと4日で11月だというのに、
近所の線路脇に朝顔が咲いていました。

そういえばいまだに蚊もブンブン。


身近に感じた温暖化です。





スポンサーサイト
テーマ:ひとりごと
ジャンル:日記
2007年10月27日 (土) | 編集 |
山陽鉄道フェスティバルに行って来ました。

場所は山陽電鉄東二見駅から歩いて5分ほど。駅の裏手にある車両工場です。

まずは電車グッズのブースを通り過ぎて車両工場を見学。子供の頃に電車の運転手さんに憧れていたという連れ合いは、ずっと目えキラキラさせていました。
車両工場見学

ボタン操作でパンタグラフを上下に動かしたり、車両の行先表示板をクルクル動かしたり、無線機2台で会話させてもらったりと充実の体験場です。

隣の鉄道部品販売コーナーでは、一様に同じファッションの貴兄方が、目を輝かせながら群がっていました。

素人の私にしてみれば、売られている部品がどれも小汚い錆びたカンバンや鉄クズにしか見えず(死)恐れ多くて近づけませんでした。

次に鉄道模型の展示部屋へ
展示ブース見学

すっかり少年に帰っておられるお父さん方の熱気でムンムンしとりました(笑)山陽電鉄の歴史について書かれたパネルの前に貼り付いて、びっしりと手帳にメモを取る鉄人といい、まさに鉄ヲタのプチ祭典です。

裏に回れば撮影会場に抽選会場。山電チョロQを使ったチキンレース(笑)などゲームコーナーの他、屋台も充実しています。
屋台も満喫

美味しいもの食べて飲んで、お母さん方も満足満腹。

帰りのお土産にダスキンの即売ブースでボディタオル(なんと800円ぐらいするのが1つ100円)2枚と台所のコゲつき用スチールタワシ1セットを買いました。我ながらなんじゃそのみやげっぷりは(笑)

こんなに楽しかったのに帰り道の東二見駅構内で見つけたこのお店。
あっぱれ


あっぱれ大将

名前はさておき、メニューの1つに気になる名前が。

プーたん


プーたん350円

「プータン」でもなく「プーたん」なんですよ。
なんの愛称だ?

汁物か焼き物か揚げ物なのか?全く想像がつきません。
店が閉まっているので店主に尋ねることもできません。

帰りの電車の中からずっと私の頭の中はプーたんでいっぱいになってしまいました。今日の楽しかった時間が全て消え失せるほどに。

プーたん恐るべし。

てゆーか、今ごろ気がついたんだけど左端に書いてある「フランク長い」ってもしかして
フランク永井にかけてんの?

もう今夜眠れないよ私…
テーマ:鉄道
ジャンル:趣味・実用
2007年10月19日 (金) | 編集 |
私が急ぎの改善を迫られていたのは脂肪肝です。
血液検査の結果から先に書きます。

★同じ検査機関での計測結果です。
特に要注意とされた数値だけをここに挙げます。
-------------------------------------------
改善前【実施日2007.3.15】
GOT=60(基準値10~40)
GPT=129(基準値5~45)
Γ-GTP=51(基準値女性30以下)


医師の説明によると、この数字から診断されるのは脂肪肝の症状だそうです。特にGPTが異常に高い点に問題があるそうです。実際この頃は全くといっていいほど飲んでいませんでしたので、アルコール性ではないとのこと。

実際にエコー診断によって、肝臓の随所に脂肪が確認されました。真っ白け。

原因は授乳期を終えたことによる急激な肥満でした。出産後から授乳中は以前と同じ体重でしたが、授乳を終えたにもかかわらず、食欲旺盛なまま半年過ごしている間に7㎏も増えてしまったのです。

いくら食べる量を減らしても内蔵脂肪は落ちません。運動しない限り無理だと言われたのに、肝臓が悪いせいで身体を動かすとすぐに疲れが出てしまうのを理由に、ただダラダラと半年を無駄に過ごしてしまいました。

とにかく代謝が悪いので、空腹を紛らわせるためのお茶を飲んだだけでも体重が増えてしまうといった状態でした。

-------------------------------------------
改善後【実施日2007.10.4
GOT=27(基準値10~40)
GPT=45(基準値5~45)
Γ-GTP=28(基準値女性30以下)


現在、全て基準値の範囲内に治まっています。
エコー診断の必要なしとのことで安心しました。

(改善方法)
6月中旬から9月まで約3ヶ月間、毎日ビリーズブートキャンプ生活で筋肉作り。食事の減量は一切なし。

内蔵脂肪の燃焼+食欲が抑えられない以上(笑)食べても太らない身体作り。

体重は3㎏減と少なめながら、ヘソ周りが約15㎝減でメタボ解消。

10月からはターボジャムに切り替えて、毎日の有酸素運動です。ビリーをやっていた頃は著しかった腹筋の割れが無くなってきましたが、ウエストは更に2㎝ダウン。体重は少しづつ減少。
-------------------------------------------
1ヶ月1kgづつ減量という、至ってのんびりなペースですが、普通の食事におやつ付きでOKのこの幸せ。

ダイエットサプリメントを腹いっぱい飲んだところで、結局ゴロゴロしてりゃヤセなくて当たり前だった経験からすれば、健康的でありがたいこってす。

2歳児ププルンが「さみしいよう~!かまって、かまって~!」モードになるのが面倒で、毎日1時間のワークアウト時間を作るのが困難でしたが、習慣になった今ではDVDが始まると同時に自分の遊びに没頭してくれるようになりました。現実逃避。

事故とはいえ、さすがに2回も後ろ蹴り(しかも会心の一撃)を食らわされれば学習したか。しかもパパちゃんからも(死)

冬を迎えて汗をかきにくくなったせいか、今ちょっと体重が落ち悩みです。ここで止まったら負けだ。

残るは下腹の皮下脂肪なんですが手に掴める量が減った分、皮がビロ~ンと伸びる感じになってます。みぞおちと脇腹はカチカチなのに、ヘソから下がモチモチのプニョプニョなのです。

なんだかはばたけそうだ。
まるでダンボですよ。腹ダンボ。

コレがまたなかなか落ちねえったら。
こんちきしょー、がんばっど~ん。
2007年10月05日 (金) | 編集 |
先日観た「ザ!世界仰天ニュース」の中で
釣り針が瞼に刺さった話を取り上げていたのですが
意外によくある話なんでしょうか?

これは今を去る事、20年以上前の体験談です。

私の弟が小学生の頃に、叔父(母親の弟)と私とで夕方から鰯を釣りに出かけました。

叔父がいきおいよく竿を振り上げた直後、叔父の真後ろで背中を向けたままエサを仕掛ける作業をしていた弟が、いきなり「ギャッ!」という短い悲鳴を上げました。

慌てて懐中電灯を片手に覗き込んだ私はもうビックリ!
ていうか戦慄!

弟のマブタからマユゲの下にかけてガッツリと釣り針が刺さっています。

釣り針ですからモドリが付いているので簡単に取れそうにありません。
もちろん私は怖くて触れない…っ。

すると叔父はさして驚く様子もなく
「ああ、すまんすまん」と言いながら

力まかせに引きむしって終了(死)

出血が酷かったので今でもキズが残ってるかもしれません。

OL時代に社内でこの話をしたら
「そんなん、よ~ある話やで。鼻とか」
という答えが返ってきました。

これが俗に言う鼻責めの走りだったりして。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。