行き詰ってはダイスを転がす毎日です。常に初陣。
2007年06月25日 (月) | 編集 |
ディスク3枚目の腹筋プログラムと、最終プログラムの時間の短さに物足りなささえ覚えた1週間目が終了しました。

私が思うにこのエクササイズを3日間続けられた人は、まず1週間やり通せるように思います。そして1週間やり通せたら、また基礎プログラムに戻った時の自分の疲労度や達成度を知りたくてウズウズするようにできているのかもしれません。すっごいなー。

ちなみに1週間プログラムは日本の通販会社が販売戦略として打ち出しているだけで、実際にビリー氏が推奨しているプログラムは一ヶ月単位の長期スパンだそうです。一日やって次の日休み、筋肉の回復力を鍛えて代謝を上げる流れだとか。

さて1週間を終えての状態はこんな感じです。

【見た目】
1.ヘソの両側に、これまで見たことのないタテ線が発生。
2.背中に回した片手で反対側の脇腹を撫でられるようになった。
3.ブラに乗っかっていた肉が少なくなった(※これが一番良く判る)

【数値】
1.体重は全く減らない。むしろ増えた(+0.5㎏)
2.体脂肪も全く減らない。むしろ増えた(+0.5%)
3.最高血圧が20近く下がった
4.ヘソ周りのサイズが8㎝減少
(※これは本当に驚愕「ウソ!体重減ってないのに何で???」と叫ぶほど驚いた)


さて2週目スタートの今日、8日目を終えての感想を。

相変わらず開始早々10分そこらで息が上がります。ところがビリーバンド装着タイムに突入するとかなりラクです。疲れないのではなくて楽しいのです。筋肉にビンビン響いている感触を確かめる余裕がありました。

終盤の腹筋トレーニングでは肩を床から上げたままにしておける力がついていることが判りました。1日目には殆どできなかったことです。

なんだろうこの感動。跳び箱の段や鉄棒の懸垂の数が増える度に「やったどー!」と自分を褒めた子供の頃を思い出すなあ。

この先、時間が取れなくて休まなきゃならない日が発生したらどうしよう。なし崩しにドロップアウトしそうな自分が怖いです。ランナーズハイというよりワーカホリック気味か?

マッチョな人がムキムキを見せたがる気持ちが判って来た今日この頃。
鏡の前でシャツをめくってはウットリしまくり…。

わー!しっかりしろ私。
キンタロスみたいになったらどうすんの?
別にムキムキになりたいワケじゃないムッキー!
2007年06月22日 (金) | 編集 |
ビリーズブートキャンプ入隊5日目の朝です。
ご多分に漏れずやっとります。
オレをあきらめるな。

このプログラムって良くできてるなーと思います。
「もうらめぇ!うごけないって限界だは~!」
と弱音を吐いても、次の運動に移行した際に別の筋肉を使うので、コッソリと適度な休みが入る感じです。

腹筋を割ることよりも内臓脂肪の燃焼に力を入れたい私としては、とにかく有酸素運動することを目的として始めました。フルコース7日間の前半(約50分)をノンストップで続けるためにビリーバンド無しでスタート。いやもうこれ正解。

初心者がビリーバンド有で始めて地獄を見たという話を聞いておいてよかった!chappyありがとう。聞いてなかったらガチで病院送りになっていたかもしれん。もしくはビリーズブートキャンプ初の死傷者として伝説化。星になって星座なんかも作られちゃうところだった。ビリーバンド座。

冗談はさておき、今日までの感想はこんな感じです。
-----------------------------------------------
筋肉痛との闘いは2日目まで。毎回開始15分あたりから酸欠ハイになるのか(死)汗をかくことで肉を振り絞る実感が楽しくなってきます。動きの流れが解るようになると1日目より2日目、2日目より3日目といった具合に振り付けを憶えるような楽しみになります。

本当の自分との闘いはラスト直前の腹筋運動です。やっと仰向けに寝転がれたことでいつでも休息が取れる状況にあります。床にべったりと寝転びたいのをグッと堪えて、上半身を上げないことには腹筋運動が成り立たないのです。これがつらい。

3日目を越えたあたりから胃の周りが硬くなってきます。サイズダウンしないまま硬くなる感じです(笑)いつもと同じ食生活のせいか体重も体脂肪も変化はありません。

不満な点はまず「畳一畳の広さがあればOK」という通販番組の謳い文句です。これは無理。前後に寝そべる動きや、左右にステップしてハイキックが入る動きがあので2~3畳分は必要に思います。

集合住宅住まいの人は床にコルクマットを敷く必要があるかもしれません。なにより階下への騒音対策はヒザを守るためのクッションにもなります。

それと軍隊式修練の厳しさを兼ね備えたノリだけに仕方のないことですがBGMが単調で寂しい感じです。いっそ闘争心を掻き立てるようなイメージの曲をお願いしたいところ。単調なのはカウントを取る都合もあるのでしょうが、おゆうぎ大好きなププルンが一緒にやろうとしないのも分かります。これについてはいずれターボジャムに乗り換えようかなといった感じです。こっちのほうが女性向で楽しそう。

とにかくブートキャンプと銘打っているだけに、洗脳に近い意識改革を施す構成です。身体を虐め抜く形で精神を鍛える感じです。ただし宗教じみた印象ではありません。最後までやり遂げた自分を褒めて自信をつける楽しさです。

そうそう、これ肝心。
エクササイズをする場所を得るために、部屋がキレイに片付くようなりました。そこだけですが(笑)
-----------------------------------------------

3週間目あたりからビリーバンドを着けて腹筋を割るところまで極めるか?それともターボジャムを買って楽しいコース始めるか?
はたしてそこまで続くのか?(ここ肝心)

とりあえず今は足元にまとわりついて、フトモモにしがみついてくるププバンド(10㎏の2歳児)を装着したまま頑張ってみます。

腕立て伏せの最中に馬乗り。
腹筋の最中にマウントポジション(死)
きっついけど負けないど。God bless me!
2007年06月15日 (金) | 編集 |
おまるDEシッコ


6日前から自分でパンツを脱いで、おまるでオシッコすることを覚えたププルン。現在2歳6ヶ月です。きっかけは朝起きてすぐにオムツを触ったら濡れていなかったので、すぐにおまるに座らせたことでした。

おむつを濡らさずに放尿する気持ちよさに勢いづいたのか、昨日の夜には初めてウンコロリンを出してくれました。

2日前に失敗してトレーニングパンツをウンコでベットリ汚されてしまい、泣きながら洗った母さんにしてみればもう感涙でございます。

これまでおまるをイヤがる彼女に手を焼いて、トイレに補助便座を乗せてみたものの、どんなに時間を見計らって頑張っても一滴も出しませんでした。

足が床に届かないから踏ん張れないのかな?と考えて、便座の両横に足置き場を作ってあげてもダメでした。

実家の母に「アンタの時は1歳未満でオムツが取れた」だの、ぬる~い圧力かけられるのが正直なところ一番しんどかったです。そんな強引なことすっからトラウマになっちゃって、私は子供の頃から過敏性大腸症候群に悩まされてんだよ。きっとそーにちがいない(こじつけ)

そんな母もたぶん祖母(姑)から「早くオムツ取ったげなさい!」って急かされたんだろうな~。前に祖母が自慢げに話してたし。

てゆーか布オムツに苦労した世代と一緒にしないでくれよ…外出先や車中で気がラクだったのに。(死)

しかし寒さが厳しくなる11月で3歳を迎える彼女のためには、そろそろ今お尻を出してても問題ない季節にトレーニングを開始せねばなりません。

今月6月の始め、夏が近づくにつれてお尻のかぶれだしたのをきっかけに「ちゅーちゃん、パンツどうよ?キティちゃんついてて可愛いよ」と切り出してみました。

今では尿意を覚えるたびに自分から「ぜんぜんまいまいでしっこする~」とパンツを脱いでくれます。ちなみに「ぜんぜんまいまい」とはおまるの取っ手(ぜんまいみたいな形)のことです。アニメ「ぜんまいざむらい」を彼女は「ぜんぜんまいまい」と呼びます。

※この画像の時は慌てて座らせたのでタタミのままですが、今は飛び散り防止に新聞とレジャーシートを床に敷いています。

-------------------------------------------------------
【我が家のトイレトレーニングの流れ】

1.こどもちゃれんじの教育玩具
しまじろうがトイレに座っているデザインのオモチャ。青いボタンを押すと「おしっこかな?うんちかな?」とメロディー付きで問いかけ、赤いボタンを押すと「がんばったね!」とファンファーレが流れるもの。

これをトイレに設置し、どんなに触りたがっても徹底的に触らせませんでした。そして親はトイレの扉を開けたまま用を足す前後に、嫌味なほど楽しそうに踊りながら(※いいですか、ここポイントです)ボタンを押すわけです。それをずっと羨ましそうに見てました(ぶっちゃけ洗脳)

初めておまるで用を足した後、自分で赤いボタンを押した時のププルンの笑顔を忘れることができません。どんなんだったかな(ウロ)

2.紙製と布製のトレーニングパンツ
まず紙製は親のストレスを軽減するためです。汚れ物が増えるという親のストレスが減れば、ププルンが失敗しても寛容に接することができると考えました。親子ともに精神的な健康をお金で買うのだと割り切る感じです。

しかしこの紙製トレパン。尿の量によっては結構モレます(死)しかもおまるでシッコの快感を覚えた子供にとっては塗れた感触が気持ち悪いのと紙のガサガサ感という相乗効果ですぐに使いたがらなくなります。まとめ買いしなくてよかった~。

布のトレパンはお下がりで頂戴した可愛いキティちゃん付きです。コレは本当に助かった!厚手のパイル地なのでタップリ吸ってくれます。

ずっと目の前にブラさげては触らせず、ただただ憧れさせていたハデハデパンツを履かせてもらえた途端、両眼をビカアアアアッ!と見開いて輝かせたププルン。なんかマジンガーZが動き出す瞬間を思い出したよ母さん。ブルマー履いてるみたいだもんねあのロボット。

これからパンツデビューされるお子様には徹底してハデで可愛い(カッコイイ)パンツを選んであげるのが良いかもしれません。親的にはウンザリでも本人が好きなキャラクターなら成果も出やすいと思います。(ほ~ら、プリキュア汚しちゃったら可哀想…とか)

ププルンのリクエストはアンパンマンか…そうか…。母さんは電王がいいんだけどな…。95㎝のガールズブリーフなんて無いわな(無理)
-------------------------------------------------------
【当面の課題】

1.尿意のコントロール(ガマンをおぼえる)
現在は外出中および就寝中だけ紙オムツを使っています。オヤスミマンも売ってるけど、当面は余っている紙オムツの消費を兼ねてといったところです。

しかし外出先でもパンツデビューさせるタイミングに悩むところです。特に車での走行中と、音楽教室の稽古中にトイレをねだられるのが難しいなあ。40分授業なんだもん。

2.おまるからトイレへの移行
おまるは出したものの状態が確認できるので健康状態のチェックに最適なのですが、なにより後始末が大変です。

特にウンコロリン(カチカチ)でなくウンチョ(ベットリ)の時がそう。これについては常時おまるの底にトイレットペーパー1枚敷いておくだけでずいぶん違うのかもしれません。

大型スーパーのトイレには大抵子供用の洋式便座が設置されているので、外出先でもどうにかなりそうなんですが、和式しか無いところではどうすりゃいいのか。先日までは、ばあちゃん(私の母)がププを抱えてやって「し~こっこ♪し~こっこ♪」と唄ってもキョトンとするばかりでした。今ならできるのかな?
-------------------------------------------------------

ひとつ山越しゃホホイのホイ。ピースもどきもできるようになったことだし、次の課題はひとりでパジャマの着脱です。
テーマ:トイレトレーニング
ジャンル:育児
2007年06月09日 (土) | 編集 |
20070609094452


去年から時々作っていたエセ・スモークチキン。それなりに美味しいけれど、安い紅茶の葉で間に合わせているせいか香りも色も物足りません。そこで思い切って高価な葉を使ってみましたが同じような仕上がりでつまらなくなってきました。

そんな先月フラリと立ち寄ったDIYショップでアウトドア用品を眺めていると、スモークチップの使い方をDVD放映していました。そこで紹介されていたのは、なんとアップルパイをスモークするという暴挙!(笑)

よ~く辺りを見回してみれば「ウイスキーオーク」のスモークチップをたくさん陳列しています。このチップはウイスキーを熟成していた樽を粉砕したものだそうです。確かに洋酒の香りならアップルパイにも合いそうです。

試しに1袋買ってみました。新富士バーナー社製「いぶし処」熱燻の素、黒樽ウイスキーオークです。1袋700円ぐらいでタップリ入っています。

前夜から塩漬+ラップ包装しておいた鶏の胸肉で挑戦です。袋を開くとウイスキーの香りがプンと鼻を突きます。おっしゃ!これなら良い香りがついてくれそう。

塩漬け肉を水に浸して軽く塩抜きしている間に、中華鍋にアルミホイルを敷きます。そこへスモークチップとグラニュー糖(ほんとはザラメが最適)を、つめつめ敷き詰め。上に百均ショップで買った丸網を載せれば準備完了。

肉の水気をキレイに拭いてから丸網に広げます。フタをして、フチから煙が漏れないように隙間をアルミホイルで埋めました。

とにかくしっかりと色を着けたかったのと、初夏に近い季節がらレアよりもチキンハム程度に火が通っている仕上がりにしたかったので、思い切って5分間の強火加熱でゴー!これまでの方法より2分増やしてます。

火を止めてからドキドキしっぱなしのまま、10分放置して煙が収まるのを待ちました。ぬお~!早くっ、早くフタ開けて見たい。

「ほえ~~~ちゃいろや!!!」
フタを開ければ立ち昇る残り煙とホカホカ湯気の中で、肉がツヤツヤのブラウンに輝いています。想像以上に濃い色付きで驚愕。

薄くスライスしてみれば完全にハム状態です。燻製チップ恐るべし。これまでは茶葉が焦げてしまうのが怖くて、スライス面がタタキのようにレアな仕上がりだったのです。確かに燻製チップなら厚い木片なので、焦げるに至るまでに時間がかかります。

そういえば以前お茶を習っていた頃に香道の真似事を体験したことがあります。そこではガラスの板に載せた香木を、下から灰に埋めた炭団で温めて香りを立てていました。理屈で言えばあんな感じなのかも。香木を燃やすのではなく、温めて香りを立てる!

コツが解ってからというもの燻製そのものが楽しくて、サクラのチップも買いました。茹でタマゴやササミでも挑戦。サンドイッチの具にしたり、スパゲティやスープに入れたりと重宝しています。

チーズでも試してみたいのですが、肉が茹る程の高熱だけにチーズが溶けてしまうんじゃないかと怖くて臆しています。さてどうすればよいものか。
テーマ:作ってみた
ジャンル:グルメ