行き詰ってはダイスを転がす毎日です。常に初陣。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年09月19日 (火) | 編集 |
台風一過でベランダが微妙にスッキリしています。
あ、またスリッパ無くなってら(死)

先週火曜日の夜からグワッと発熱し、鼻水大洪水の一週間を過ごしました。寝冷え風邪です。

高い熱は一晩で終わりましたが、微熱がグズグズ続いています。連れ合いが言うにはそれは花粉症とちゃうんかと。

あ、そうそうコレ(風邪発熱)は私の話です。

私が風邪で寝込んでいる間にププルンは1歳10ヶ月になりました。
わたしは治りましたがププの鼻水がなかなか止まりません。

彼女がくしゃみをする度に顔を見るとこんな感じです。

鼻提灯プー子


写真の鼻ちょうちんはシングルですが、ダブルやトリプルの時もあります。まあなんてバリエーション豊富ですこと。あまりにスゴイものだから、母さんたら病み上がりたてホッカホカなのに画像つくっちゃった。ゴホゴホゴホ…。

そんな彼女に新たな凶悪アビリティが追加されました。その名も「おてつだい」です。

食べ終わった食器を台所に下げてくれるのはありがたいのですが、
「ヤー!」と、流し台にダンクシュート(死)

先輩ママーズからの噂には聞いていましたので「こ…これだったんか!」と呆気に取られる毎日です。ちなみに実家の母に話したら「そういやあんたもそうだったねえ…」と懐かしそうに目を細めていました。

ただただ行動を褒めるべきか、やんわりと止めさせるべきか、いっそ食器を全て紙製品にすべきか(そりゃ楽でいいな)どう対応して良いものやら悩んでいます。できればお手伝いへの意欲を温存したい母心&下心。

とにかく手伝いたがるんです。洗濯物を干すのもやりたがるのですが、結局は引きずって泥まみれ…(痛)

リアルおままごと(大人の真似事)に奮闘する姿は可愛いのですが、褒めて褒めてオーラを輝かせながら、色んな物を破壊していくワケですよ(こちとら発熱中)

そうそうNHK教育番組の影響で、ウンチやプーをしたら「ママうんちっち♪」「ママ、プー!」とお知らせしてくれるようになりました。それじゃまるで私がしたみたいに聞こえるのってどうだろう(冤罪)

ついさっきもうんちっちを知らせてくれたのですが、私のズボンを片手で掴んで引っ張りつつ「ママうんちっち♪」の後に「じゃんっ!」と言いながら残った方の手を広げてくれました。

手のひらいっぱいの元気玉がそこに。
もちろん私のズボンも黄金色に輝いています(本日最大の幽体離脱)

「ほんまやねえ…いっぱい出たねえ…アンタ偏食なのに…」

「あ~あ!ちたない、ちたない、ね~?」と小首を傾げる悪魔を尻目に、一週間経っても治らない私の微熱の原因が分かったような気がしました。
スポンサーサイト
テーマ:ったくも~~~~~!
ジャンル:育児
2006年09月12日 (火) | 編集 |
お手洗い


ププルンはトイレで手を洗うのが大好きです。
まだオムツが取れてもいないのにWhy?

彼女がハイハイできるようになってからというもの、私はといえばトイレのドアを閉めてから用を足すことができなくなりました。私の姿が見えないと寂しがってギャン泣きするからです。

しかし最近ではププに「ママ、トイレね」と伝えておくと、安心して遊びに没頭するようになりました。おかげで少しの間ならドアを閉めて用が足せます。

つまり小用のみ可能です。
母さん的には大用の時こそドアを閉めたいんだが(臭)

私が水を流していると、キュピーン!と目を光らせたププがあっというまに便器のフタを閉め、その上によじ登ります。フタの上に立って手洗いを始めるのです。

体重10㎏弱のププルンですが、そのうちプラスチック製のフタが壊れるんじゃないかとヒヤヒヤします。しかも最近は手洗いに加えて勢いよく顔を洗うというテロ行為が発動されました。

毎度毎度ウォシュレットの操作盤が水浸しに(死)

やめてくれえええええ!
値切り倒しても10万円もしたウォシュレットなんじゃ~!
(※マンションの便器の形が特殊だった為、特注品にせざるを得なかった悲劇)

これはもうトイレのドアをきちんと閉めて用を足すより他に手は無いねえ…。とタカをくくっておりましたら、なななんと。

大脱走


マンション室内のドアノブ全てに手が届くようになっとるやないですか(死)
あかん…もう、わしら夫婦に安住の地は無い…っ。

連れ合いが夜勤明けで熟睡している部屋のドアを開け放って絶叫、
「パパねんね!」…しとるがなっ!

玄関のドアノブをガチャガチャガチャ!
(施錠が外せるようになったらどうしよう)

ベランダに出る大窓の鍵レバーをガチャガチャガチャ!

私が一番恐れていたのがコレでした。

1戸建ての家に住んでいるなら普段からカギさえ持っていれば玄関から入れますが、我が家はマンション住まいです。もしもベランダに閉め出されてしまったら、非常脱出口を伝う以外に家に入る方法がありません。

ああ…目に浮かんできます。

自分で母親を閉め出しておきながら、カギを開ける術を知らずに窓を叩いて泣き喚くアホ娘の姿が…。

非常時に備えてベランダにゴルフのパターでも置いとくか。
小窓から差し込んでカギをひょいっと…
(TVで見た空き巣のテクニック)

いやいやいや(((ぶるぶるぶる)))
それではいったい何のための鍵なのか(死)
テーマ:平成16年度産まれ
ジャンル:育児
2006年09月05日 (火) | 編集 |
SIN CITY

去年の公開映画「SIN CITY」を、今日ようやくDVDで観ました。

全編モノクロ映像ですが、女性の唇や金髪、ベッドの赤いシーツや悪党の肌の色といったパーツだけに鮮やかな色を付けています。原作がアメコミなので、漫画を読むような硬質さを伴ったスタイリッシュな視覚効果です。

豪華出演者が揃い踏みなのにB級テイスティ(笑)エロ・グロ・ナンセンスの全てが揃った映画ですが、血の色を白に置き換えたりすることで嫌悪感を上手く回避させています。

久々にミッキー(猫パンチ)ロークを見ました。久々といっても私にとっては「エンゼルハート」以来のことでしたから、見終わった後にマーブ役が彼だと知ったところで首をひねるぐらい記憶にとどめていませんでした(死)

とにかくこの映画にはカッコイイおっさんがいっぱい出てきます。愛する女のために命を張るおっさん(ほとんど爺さん)です。

おっさんといえばベニチオ・デル・トロが古谷一行に見えるのは私だけだろうか?そして彼が連れ合いと1つしか違わないと知って愕然とした私。年期の入った顔立ちだなあ…

ヒロインは娼婦だの酒場のダンサーだの水商売系のみですが、スレンダーなくせにおっそろしくパッツンパッツンのボインボイ~ン(死語)ばかりでクラクラきます。そんな中に日系の用心棒役としてモデルのデボン青木が!髪をストレートにした(黒く染めてる?)くのいちキャラだなんて可愛い過ぎる(悶絶ゴロゴロ)

たとえグロいシーンで悲鳴を上げることになったとしても映画館で観たかったです。そして映画館で観てたなら絶対にパンフレットを買って帰ったであろう作品でした。

パンフレット購入。
それはドケチな私にとって、名作を意味するバロメーターなのです。
テーマ:今日のレンタルDVD/ビデオ
ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。