行き詰ってはダイスを転がす毎日です。常に初陣。
2006年07月31日 (月) | 編集 |
ププルンはドコモダケが大好きです。
いつもCMが流れると、お尻フリフリ楽しげに唄います。

♪ドト
♪ドト
♪ドトモラケ~


何度も何度も繰り返す様は、殆どトランス状態です(危)

しかし残念ながら我が家はauユーザーです。レアな景品は手に入らないのでグッズの類は市販品を買っています。

先日もサティ店内のガシャポンで缶ポーチをゲットしました。ププルンは嬉しそうに両手で抱え、手をつなごうとしてもそれを離そうとしません。

ピルケースサイズの小さな物ながら、チャックが付いたなかなか可愛い缶ポーチです。これはヒモを通せばププルン用のポシェットになるに違いない。

そう考えた私は手芸コーナーに立ち寄って、太めのカラフルなヒモを購入。車に乗り込んでからヒモを通そうと思い、後部座席のチャイルドシートに座っているププに向かって手を広げながら訊ねました。

「ママにドコモダケ貸してくれる?」

ププはキョトンとしています。
その手にポーチはありません。

駐車場に向かう直前にトイレで小さな事件があったことを思い出しました。ププが洋式便器を覗き込んで溜まった水に手をつっこみ、ジャブジャブと触ってしまったのです

(※)大手スーパーの洋式トイレは便器が汚れにくいようにと、水の溜まりを多くしているのでかなり鬼門。

慌ててププを抱えて洗面所に走り、手を洗わせました。両手を突っ込んでいましたので、その際にトイレの個室内で落としたのかもしれません。すぐに戻って探してみましたが見つかりませんでした。

手元の買い物袋の中には買ったばかりの手芸ヒモが、所在無くひっそりと身を横たえています。もう意味ねえじゃん(死)

まるで名作「賢者の贈り物」じゃないですか。ほれ、あの、貧乏だけどラブラブな夫婦が互いにプレゼントを贈り合うお話ですよ。

夫が大切にしていた懐中時計(祖父の形見)に似合う鎖を買う為に、自慢の長い髪を売ってしまった妻と、妻の美しい髪に似合う櫛を買う為に、大切な懐中時計を売ってしまった夫。

あれどうなんですかね?お互いに贈り合った物は愛情でしたっ(はぁと)とかオチは美しいものの、妻の髪は数年で元の長さに戻るけど、祖父の形見は二度と手元に戻らないんじゃないかと。やっぱり女はズル賢いって話ですよ。

あれっ?何の話だったっけ(大脱線)
とにかく帰りの車中ではププルンに大泣きされて困りました。

うぁぁん!ドトモラケ~!
ドートーモーラァーケェェ~!


ああ可哀想…。可哀想なんだけど…っ。
ぶぶっ…くくくっ…なんか可笑しくてカワイイっ(鬼母)

失ったドトモラケの代わりに、愛が残った気がした母でした。
テーマ:ったくも~~~~~!
ジャンル:育児
2006年07月29日 (土) | 編集 |
スキマnoスイッチ


この写真は今年の春のものです。

「台所のゲートを開けて中に入れろ」とププルンが大泣きした直後に撮りました。このベビーゲートは、ププがガスコンロのそばへ近づかないようにと設置していました。

ところが最近では勝手にストッパーを開けて出入りしています。なんじゃそら!高い買い物だったのに半年ももたんのかい。

気づいたきっかけはミトンを手渡された時でした。

私が夕食の準備をしている最中、電子レンジが加熱終了の合図を「チン!」と知らせた瞬間に、ププルンが「あい!あい!」とミトンを持ってきたのです。

特に疑問に思わず「わ~ありがと!●~ちゃんは気が利くねえ」と、労をねぎらいつつ受け取ったものの、帰っていくププルンの動向を眺めていると、さっさと片手でストッパーを外して廊下へ出て行くではありませんか。どうやら自由に出入りしている大人たちの動きを見て覚えたらしいのです。

以前から洗い物を始めようとするとエプロンを持ってきたり、行水の準備をしに風呂場に移動していると、専用のバケツ風呂(普段はオモチャ箱代わりに使用)からオモチャを放り出して抱えてきたりなど、小さな子供の観察力に感心していましたが、今回ばかりは成長を喜ぶよりも脅威の方が押し寄せてきました。ゆ、油断ならねえ!

そういえばププが台所に入ってきた時に、私が冷蔵庫の一番下にある野菜室の引き出しを指差して「ごめんやけど閉めといて」とお願いしたら、足で蹴って閉めてくれました(死)

彼女がオモチャの携帯片手に、電話ごっこで遊んでいる姿も凄かったです。「もちもちー?はー!はー!ふん!ふんっ!えー?ええっ?ふん!ふん!」と大絶叫。

うわ~!私ってそんなんだったんか!
もう恥ずかしくて死にそうだ!

それからというもの電話はともかく、冷蔵庫の扉は両手が塞がっていても、手の甲で閉めるようにしています。何日もつかわからんけど…


テーマ:平成16年度産まれ
ジャンル:育児
2006年07月21日 (金) | 編集 |
20060721161454


これ結構有名なお土産菓子ですよね「ゴリラの鼻くそ」

甘納豆マニアの私としましては、以前から取り寄せてでも食べてみたかった一品ですよ。

ところが近所のスーパーで、たまたま子供用の駄菓子コーナーに目をやってみたら、あらまあ置いてあるじゃないですか鼻くそが!

早速カゴに入れてレジに並んだわけですよ。そしたらレジのお姉さんがバーコード読み取りながら

「牛乳1点~」
「キュウリ2点~」
「鼻?…」「お、お菓子いってぇ~~~ん!」

あたしゃ聞き逃しゃしないよっ!

自分が働いてる店の商品にビックリしてました。ちょっといいお話ですね(どのへんが?)

で、その鼻クソを家に帰ってから開封したのですが、これがまあ恐ろしくリアルなんですよ。本物のゴリラの鼻くそなんて見たことないのに「ああ、きっとこんな感じかも」と思わせるフォルムの黒豆甘納豆です。いかにも甘納豆なジャリジャリのグラニュー糖が付いてないんですよ。

つまんで食べてみたら、柔らかくて薄味の甘みでした。手も汚れないし、旅先や子供のおやつとして食べるには最適なお菓子だと思います。

しかしガツンと甘い甘納豆が好みの私にとっては若干パンチ不足な感ありです。商品名に相乗した形状のリアルさの上に、中途半端な薄味さがさらに拍車をかける感じがして、正直なところ気持ちが悪くなってきて途中で手を止めました。

ネタ菓子だからと面白がって、たくさん取り寄せなくて良かったと胸を撫で下ろしました。友達に配ろうにも皆もう家庭を持っているから簡単には会えない人ばっかりだっちうの。私がよくやる失敗です(死)

ププルンは気に入ったのか、薄皮だけ吐き出しつつ中身の豆を楽しそうにモグモグ食べています。子供はパッケージに関係なく素直に黒豆納豆の美味しさを楽しんでいるようです。うん、良いお菓子だ(フォロー)

それはええんだけどププのヤツ、シワシワの黒豆納豆を私のバストに押し付けて「いっちょ!いっちょ!」って…

かっ、母さんのはそんなに黒くないっ!

ちなみに妊娠中から出産直後にかけては焦げたホットケーキ色でした(死)
色だけは戻って良かった。色だけな…


テーマ:美味しいお土産
ジャンル:グルメ
2006年07月17日 (月) | 編集 |
ちょっと前に書いた「うれないうらない屋敷」は未だに売れていません。
さらにプライスダウンしたチラシ広告が舞い込みました。ドン!

うれないうらない屋敷


ウロ憶えしていた以上に凄まじい間取りでした。
台所2つに風呂2つ。
トイレ3つに玄関3つ。

唱えているうちにわらべ歌が頭をよぎります。
♪おみやげみっつ~ ♪たこみっつ~

ちなみにカースペース2台可能とありますが、これは門から玄関に続くポーチを改造しての話であって、タテ一列に並べる形にしかできないようです。それって奥に置いた車で出かけるの難しいだろうなあ。

しかもその狭さから察するにスライドドアでもない限り、収納した後にドアを開けて外に出ることができそうにありません。
いったい車庫入れどうすんの?
手で押し込むの?


はたしてどこまで安くなるのか。
取りあえず買ってもどう住むのか。

やっぱり今日もオープンハウスは閑古鳥が鳴いています…

2006年07月14日 (金) | 編集 |
20060714190106


連れ合いがププルンと一緒に自転車でお買い物に行ってくれました。美味しい豆乳や大豆製品が置いてある酒屋さんです(ややこしい)

買い物袋の中から豆乳や豆腐を出してテーブルに並べていると、袋の中にラップに包んだ小さなゴハンが出てきました。

「なにコレ?」
「玄米入りゴハンやて。お試し下さい、て入れられた」

大抵は店頭で試食するものじゃないでしょうか?なんだろうこの痛々しいマニュファクチュアっぷりは。小ぢんまりとラップに包まれた冷ゴハンをいくら眺めても、全く口にする気が起きません。

もしかすると冷えてこそ真価を発揮する革命的なゴハンかもしれない…そう自分を励ましてはみましたが、無理なものは無理。

目の前に転がっている冷ゴハンの塊を凝視したまま数分が過ぎ、ふと我に返りました。夕飯の支度に忙しい時間帯に、なんでこんな物に頭を悩まされなければならないのか。なんだか悲しくて涙が零れそうです。

たとえ何時に炊いたのか、何時間店頭に放置されていたのか分からないゴハンであっても、この手で捨てるのがつらいのです。お箸の国の人だもの。

いや、結局捨てましたけど。気持ち悪ぃし(死)
テーマ:ひとりごと
ジャンル:グルメ
2006年07月14日 (金) | 編集 |
20060714102123


ご近所ママファイターじろうさんのご主人が、出張先のモンゴルで買ってきて下さったインスタントティーです。

封を切ってカップに移してみると、パウダー状になっています。お湯を注いでかき混ぜてみると、その色合いからはどうやらミルクティーのようです。

甘いミルクティーを想像しつつ、お茶の表面をフーフー吹いて冷ましながら、そっと一口すすってみました。

うぼわ!しょっぱい!

思い込みと全く違っていたお茶の味よりもショックだったのは、のん気な連れ合いの一言でした。

「ああモンゴルはな~、バター茶で粉を練って食べたりもするからな~。栄養豊富やど~」

ムキー!バター茶って知ってたんなら先に言え(怒)
罰としてベランダで一晩中ホーミーの刑に処す!(近所迷惑)
テーマ:ドリンク
ジャンル:グルメ
2006年07月14日 (金) | 編集 |
20060714102107


先週の土曜日にTVで紹介されていた男性向けガム「オトコ香る。」を買ってみました。噛んでから1~2時間経つと、身体からバラの香りが漂うのだそうです。

試しに連れ合いと同時に噛んでみましたが、お互いの体臭を嗅ぎ合ってもよく判りませんでした。普通に汗臭い(死)

どちらか片方づつで試すべきだったのかもしれません。後から後から反省点が浮かんできます。

噛む量が足らなかったのだろうか?
いっそ飲み込めばよかったのだろうか?

もしかして屁がバラの香りになってるかも?

そういえば私が子供の頃にも香水ガムというものがありました。確かロッテの「イブ」だったと思います。ゴージャスなデザインのパッケージと、女性向フレグランスのような名前から「大人の女性のガム」という印象を強く受けました。子供の小遣い銭で買える額なのに、なぜか買うには気遅れする感じで憧れたなあ。

できれば「オトコ香る。」にも、そういうカッコよさが欲しいところです。ストレートすぎるネーミングはともかくパッケージがね…なんつーか、黒背景に赤いバラ、しかもマカ配合とか書いてあると何気にホスト臭いんですわ。それも加齢臭な年頃のホストみたいな(笑)

テーマ:コレ知ってますか?
ジャンル:グルメ
2006年07月10日 (月) | 編集 |
キムタク主演のTVドラマ「HERO」の続編スペシャル版で紹介されていました、山口名物「あごま」

乾燥ワカメのように見えました。
たしかゴマもふってあったかな。
タタミイワシにも似ていたような。

ラストではその正体を「イシガキダイの肝の燻製」とネタばらししていましたね。どれほど臭いものなのかしら。機会があったらぜひ食べてみたいものだと憧れていました。

そんな週末、土曜日の「たかじん胸いっぱい」にて、この山口県の名産品「あごま」なるものの真の正体が、



架空の土産物だったことが判明。

だだだ、だまされたー!

たかじん情報によると、放送終了後に山口県に問い合わせが殺到したそうで、ちゃっかり便乗して開発する動きもあるそうです。いや、最初から無いのならわざわざ作らなくていいですよ…あんな環境破壊並に臭そうなの。

検索でこのブログに来られた方が、ガックリでなくスッキリされる事を祈るばかりです。
テーマ:HERO
ジャンル:テレビ・ラジオ
2006年07月07日 (金) | 編集 |
夏の暑さが厳しくなるにつれて、ププルンの全身にアセモが出てきました。特にオムツで蒸れてしまう、腰からお尻にかけてが壮絶に汚いです。

赤子なのに尻が汚い娘…。
尻というより、ケツです。ケツ。

うっかり頬擦りしようものなら、生わさびのように下ろされてしまいそうな程、細かくて硬いカサブタに覆われています。ブツブツブツ。

小児科でもらった塗り薬は、カーマインローションのように液体と粉の二層に分かれています。瓶をよく振って混ぜてからコットンに取り、患部にパッティングするのです。

面倒くさがりの私は最初、強引にもコットンを使わず手に取ってププルンの全身にピシャ!ピシャ!ピシャ!

あっという間に垂れ落ちた雫が乾いてしまい、跡に残った白い粉がププルンの全身にタテジマ模様を描き出しました。その姿は何かに似ています。あ、わかった!

鳥のフンを全身に浴びた小便小僧の銅像でした(死)

なんだか「ロードオブザリング」のゴラムにも似ています(さらに死)

こんなのに我が子を例えてる私に母性愛はあるのでしょうか。
いえいえ、ププルンはマイ・プレシャスですよ。
テーマ:★★1歳児の日常★★
ジャンル:育児
2006年07月04日 (火) | 編集 |
うちのマンションの隣に立っている家が売りに出ています。
平成16年と築浅です。
住んでいた人は占い師でした。

家の横に立っている電柱に「四柱推命」だか「命名鑑定人」だか書かれた看板まで掲げていましたが、いつの間にかその看板に書かれている文字が苗字だけになっていました。ものすごくでっかい表札みたいな状態です。

そのキテレツな表札が無くなったなと思ったら、本人もいなくなっていました。そして売り物件のチラシが我が家のポストに舞い込んだ訳です。

まず目に飛び込んだ見出しの金額によると、えらい安い物件なので興味津々でチラシを読みました。いやもう、その間取りにビックリ。

小さな平屋(2階なし)に台所が2つ。
しかもトイレが3つも???

チラシは捨ててしまったので正確な坪数は忘れましたが、部屋数は6畳~4.5畳程度が合わせて3つしかありません。仰々しく「2世帯住宅としても♪」と添え書きがありましたが、ということは裏を返せば「当初は2世帯住宅として建てられた物件ではなかった」と推測されます。

テレビが一人に1台の時代だと言われる現代、これからは便器が一人に1器の時代が来るに違いないと予想したのでしょうか。占いってスゴイ。

何もかも風水に則った間取りで家を建てたらこうなった。みたいな完成度です。サグラダ・ファミリアばりの行き当たりバッタリ感が否めません。建設の途中で誰か「なあ、これ絶対おかしくね?」と注意してあげる人はいなかったのでしょうか。

こんなアジト以外に使い道の無さそうな間取りを、これからどんな人が買って、どう住むのかドキドキしています。
テーマ:雑記
ジャンル:日記