行き詰ってはダイスを転がす毎日です。常に初陣。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年04月23日 (日) | 編集 |
ププルンの現在のブームは、鉛筆でチラシの裏にラクガキをすることです。「ま~んまる♪ま~んまる♪」と唄いながら、丸になってない丸をたくさん描いています。

私が歌いながら丸だけを組み合わせて、人や動物を描いたりしているのを真似ているようです。今日は「めめ!めめ!」と言いながら小さな丸を2つづつ、黒く塗りつぶすように描いていました。この「めめ」とは「目」のことです。

たまに床や壁や家具に落書きをすることがあります。そんなときは鉛筆を取り上げて、「せんせい」という名前でお馴染みのラクガキボードを手渡すのですが、さすがに鉛筆描きの楽しさには敵わないようで、頭を下げつつ「ごめんなさい」ポーズで懇願してきます(笑)

そんな彼女のために毎日、新聞の折り込み広告から裏の白いチラシを探すのですが、最近はなかなか見つかりません。これはいったいどういうことなのでしょう?

【仮説1】印刷技術の向上により、裏写りなく両面印刷できるから
【仮説2】不景気なので両面刷らないともったいない

ふと、あることに気づきました。
フルカラー印刷されているパチンコ屋のチラシは必ず裏が白いのです。

確かに広告と言ったって「新台入荷!」ぐらいしか書くこともないようです。それとも儲かっていそうな業界だからなのでしょうか?

なんとなく実家の母にこの話を振ってみたところ、面白い意見が聞けました。「なるほど!」と膝を打っての納得です。

「裏が白かったら、捨てずにおいてもらえるやん」

さすがはパチスロ好きで、休日にはなかなかつかまらない人だけのことあります(死)

ちなみにカラー印刷されているチラシよりも、単色刷りのチラシの方が、ラクガキする際の描き心地が良いようです。紙のツルツル具合が違います。

ププルンも私と同様に、単色刷りのチラシを選んで描くことが多いようです。DNAって凄いんだねえ(笑)


スポンサーサイト
テーマ:ひとりごと
ジャンル:日記
2006年04月23日 (日) | 編集 |
♪チャンチャカ・チャンチャン♪チャチャンチャ・チャンチャン
♪チャンチャカ・チャンチャン♪チャチャンチャ・チャン

♪週刊モーニングの懸賞で当たったチケットが~
♪地元の映画館で使えないものでした~

チクショー!



すみません、ただいま酒が入ってて上機嫌なものですから、小梅太夫が狂い咲きで降りてきました。夜中の授乳タイムが終わって、少しのアルコールなら許容かなと決めている時間帯です。

自然な卒乳が理想なので、のんびりその日を迎えたいと考えていますが、アルコール類を自由に摂ることができないのがつらいところです。美味いメシには美味い酒!

で、今ププルンが熟睡中のありがたい時間に、美味しい日本酒をチビリチビリと舐めるように飲んでいます。湯飲みで(おっさんか!)

東京のChappy嬢からお土産に頂戴した、長野県諏訪市の銘酒「真澄」の「あらばしり」です。私にとって3本指に入る好みの味です。

ちなみに残り2本は大阪・池田の「呉春」と、地元・江井ヶ島酒造「神鷹」の「しぼりたて原酒」といったところです。通ぶってすみません、実はこの3本ぐらいしかガッツリ飲んだことがないのです。ていうか熱燗で飲む日本酒については、酔えれば消毒用エタノールでもいい女(危)

さて、さきほど述べた「真澄」の「あらばしり」ですが、鼻先を近づけると実にフルーティーな香りがします。リンゴのような甘酸っぱさを感じる香りです。口に含むと舌先にピリリと響いて、後は喉に向かって甘い香りとともにトロリと腑に落ちていきます。酒の肴が要らない美味しさです。

あ~、もう眠くなってきた。妊娠から丸2年、ロクに飲んでない生活だったんだもんな~。眠気で確認する余裕が無いんだけど「あらしばり」とか書き間違えてないかな~(笑)
テーマ:日本酒
ジャンル:グルメ
2006年04月20日 (木) | 編集 |
ちー


ププルンが、自分のオマタを指差して「チー」と言うようになりました。もちろん「おしっこ」の意なんですが、まだまだ事後報告です。

ちょうど春を迎えて気温が高くなった事もあり、このサインをきっかけにするべく、遅まきながらおまるに座らせてみました。ところが座り心地が悪いのかゴネて泣き出す始末。

こんなことなら育児マニュアルどおりに1歳前から座らせておくべきだったのかもしれません。冬の寒さを理由にサボってしまったツケがどっと来てもーた。

しかしながらせっかくのチャンスではあります。そこでトイレにおまる用便座のアタッチメントを置いてみたら、ありがたいことに機嫌良く座ってはくれました。ずっと私や連れ合いのトイレ姿を見学していましたので、大人の真似ができて嬉しいようです。

とはいえすぐに飽きてイタズラを始めます。手近なところではトイレットペーパーをガラガラ引き出して大ハシャギ。そのうちミイラ女になるかもしれません。

「ちー!」とさえ言えば、パパやママにトイレで遊んでもらえるとでも思っているのでしょうか。フライングの肩すかしばかりを食らう毎日に疲れてきました。

お父さん、お母さん、私にトイレを教えてくれてホンマにありがとう。

そういや世界的に見ても、どんなに不幸な生い立ちの子供であろうと、ちゃんとトイレの使い方は知っているのだから凄いことだなあと思います。よーし私もがんばろう。

とりあえず今はププルンが事後報告でなく、事前に「ちー」を知らせてくれるようになるといいな。
テーマ:トイレトレーニング
ジャンル:育児
2006年04月20日 (木) | 編集 |
お花見風景


あたりはすっかり葉桜です。
今年のお花見は2回行きました。

まず1回目は、ふっくらと花を付けた枝振りの良い桜の木がたくさんあるけど、なにやら狭くて小汚い公園を散歩+撮影会。

そして2回目は、貧相な枝ぶりゆえに花が少なくて寂しいけど、広くて遊び場もある気持ちの良い公園へお弁当を持って。

結論。
家族とお弁当があれば、どこでも天国。

去年はベビーカーか抱っこでしか移動できなかったププルンも、今年はおにぎりをほおばり、自分でコップを持ってお茶を飲み、小さなボールを蹴って走り回り、近くを走る新幹線に「バイバ~イ!」と叫びながら手を振りました。

来年は「ちんかんてん乗る!」とかゴネ出すかもしれません。
私と一緒に(笑)
テーマ:成長の記録
ジャンル:育児
2006年04月17日 (月) | 編集 |
韓国映画「おばあちゃんの家」をDVDで観ました。

ミニシアター系というよりも、、小中学校の頃に学校で観た「巡回映画」みたいに、色んな意味でノスタルジックな作品です。

【あらすじ】
※Amazon.co.jpレビュー「おばあちゃんの家」より引用

母親に連れられて、ソウルから田舎に住むおばあちゃんの家に来た少年サンウ。読み書きができないおばあちゃんとうまくコミュニケーションがとれず、また不自由な田舎の生活に苛立つサンウだったが、どんなワガママに振る舞っても怒らず、サンウのために一生懸命のおばあちゃんのやさしさに、彼も心を開いていく。

主演のおばあちゃんは一言も話しません。なのに圧倒的な存在感です。冒頭からズバ抜けてクソ生意気な都会育ちの孫が、やがておばあちゃんに心を開くにつれ、たまらなく可愛らしく見えてきます。

この映画を観て思いきり泣ける人は、きっとお婆ちゃんやお爺ちゃんに可愛がってもらった思い出を持っている、幸せな人だと思います。私は落涙こそしませんでしたが、今なお健在でいてくれる祖母にとても逢いたくなりました。

夏休みに祖父宅で過ごした、退屈で質素で、けれど濃密な愛情に溢れた時間を思い出させてもらえる名作です。

余談ですが、メイキング映像に使われていたBGMが、邦画「スワロウテイル」のソレでした。私これホンマにあかんのです。耳にするだけで条件反射みたいに泣いてしまいます。鼻にツーンと来た。ツーンと。

本編じゃなくてメイキングで泣く観客ってどうなんだ(死)
テーマ:韓国映画
ジャンル:映画
2006年04月15日 (土) | 編集 |
20060415115151


先日の「じろうさん直伝、豆乳茶碗蒸しモドキ」をアレンジして、豆乳プリンを作ってみました。

ご大層にアレンジと言っても、単にめんつゆを砂糖とバニラエッセンスに変えただけのことです(笑)せっかくの手作りなので普通のプリン作りよりも砂糖を少なめにしておいて、後からメープルシロップを掛けました。カ、カラメル作るのが面倒だったものでへへ。

【反省点】
1.当然ながらプリンにメープルシロップを混ぜて作り、カラメルを底に敷いた方が美味しかったかも。
2.あまりに濃度が高過ぎる豆乳を選ぶと、豆腐にシロップ掛けたみたいな味になる可能性大。

こうやってデタラメ料理の反省点を述べて振り返ってみると、やっぱり専門店で売られている豆乳プリンは、それなりの研究を重ねて作られているんだなあと価格の高さに納得です。

けれど手作りのメニューには作りたての温かさが魅力ではあります。

あっ!買ってきたのを温めりゃええんか?
そうなんか?(ギャフン)
テーマ:料理レシピ
ジャンル:グルメ
2006年04月11日 (火) | 編集 |
昼間めいっぱい遊ぶププルンに付き合って、夜は一緒に寝オチの毎日です。

発売日当日からFF12をスタートした現在、寄り道ばかりでモブ討伐に明け暮れています。気づいたら本編無視したままレベルが43になってました。

パーティー5人に金のアミュレット(ライセンスポイント2倍)を装備。交代で1人が盗賊のカフス(レアアイテムを追加で盗める)を装備。

なんだろう、この育て方。

スーパーでポイント2倍の日にまとめ買いし、連れてきた家族全員がお一人様1点限りの品を持ってレジに並ぶようなムチャクチャぶり。

関西のおばちゃん根性フルスロットルです。
そんな自分が大好きだー!

でも仕方ない話なんです。ストーリーの要となるムービーの途中でププルンに手を止められるのが怖くて、彼女がグッスリ眠ってくれる時間を狙うのが難しいのです。

んで、一昨日やっと噂のアルシドを見ることができました。うわ濃ゆ。声は若本規夫氏かな。近年やっと野沢那智さんと聞き分けられるようになりましたよ。

そういや「ドラゴンボール」のフリーザと「ワンピース」のゾロも聞き分けが付かなかったっけ。耳が弱くてすみません。歳をとると昔なら怒り心頭な事でも、もうどうでもよくなってくるんです。

ヘタすると昔ならまず最速攻略に燃えたFFでさえも、最後までやらずに終わるかも。うわーこりゃこりゃ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。