行き詰ってはダイスを転がす毎日です。常に初陣。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年08月29日 (月) | 編集 |
夜、コナンを観ながらソファにつかまって立っているププルンに何気なくタンバリンを手渡したら両手で受け取りました。なぬー?てことは支えなしで立ってるやん!

そういえば最近の入浴中、たまに浴槽の中でププが支えなしで立つようになってたなと思い出しました。それはまあ浮力のせいなんでしょうけど。

感極まった勢いで「ププ!あんた立ってるで!」と大声を出してしまった私。案の定ププはその声に驚いてタンバリンを落とし、「フギャー!」と泣きながら尻餅をついてしまいました。

わずか10秒にも満たない間の出来事だったのでデジカメを取りに行く暇もなく、私の心のシャッターを切ることしかできませんでした。

カメラを構えていない時に限って記念すべき事件が起こります。先輩ママーズからも聞いてましたが、そんなもんだそうです。それも毎日が(笑)
スポンサーサイト

2005年08月23日 (火) | 編集 |
三種混合♪三種混合♪三種混合ゴー♪

ついつい「マッハGOGOGO」のテーマに乗せて唄ってしまうこの三種混合とは、ププルンが受ける予防接種ワクチンの名前です。ジフテリア+破傷風+百日咳のミックスなのだそうです。なんとなくテキトーだなあ…。

まず第一期として8週以内の間隔で1本づつ計3回受けなければなりません。本日はその2回目です。かかりつけのヨコチン先生の医院に行って来ました。

前回の注射では「フギャン!」と一声上げて少し泣いてしまいましたが、今回は「ピッ!」と悲鳴を上げると同時に髪の毛を逆立てておしまいでした。えらいえらい。

帰りに看護士さんから手渡された折り紙製のチーズ(アンパンマンに出てくる犬キャラ)をいきなり口に入れてモグモグと食べてしまいました。

暴れるププの口に指を突っ込んで「ゴラー!出せー!」とか叫びつつ格闘している親子なんて、待合室でうちぐらいのものでした(死)

なんだかまるで家で何も食べさせてもらってない子のようです。母さん恥ずかしいったらありゃしないよププルン、プンプン(苦笑)

2005年08月20日 (土) | 編集 |
父方の祖母の家に遊びに行ってきました。

一軒家で一人暮らしをしている彼女は機械編みと洋風料理が得意です。今日も焼きたてのクルミ入り食パンとレーズンクッキーを用意して待っていてくれました。

誰かに歳を訊かれた時、まだ86歳なのにもかかわらず「わたくし90歳ですのよ」とドンブリ勘定で答えるチャーミングなおばあちゃんです。

いつも遊びに行くたびにププルンと一緒に写真を撮るのですが、今日はおばあちゃんが「あんたこれ憶えてる?」と古い人形を出してきました。赤ちゃんの形をした抱っこ人形です。

弟がププぐらいの頃にこの人形と一緒に写っている写真を実家で見た覚えがあります。私が赤ん坊の頃からすでにあったものかどうかは定かではないのですが、いずれにせよ古い人形なのは確かです。

おばあちゃん、私達の思い出と一緒に大切に持っていてくれたんだなあ…

と、しみじみしながら人形を受け取ってみると、毛玉まみれで酷くボロボロになっています。「どしたのコレ?」と訊ねてみたら

「汚れてたから洗濯機で回したら、こないになってもた」

という爽やかな返事が返ってきました。ま、まあ、せっかく洗ってもらったことだしな…ということで、ププと一緒に記念写真は撮っておきました。

やっぱり私のおばあちゃんだけあってアバウトな性格の人でした。父方のおばあちゃんなので私の母と直接血のつながりはないけれど、母もまたアバウトな人間なので間違いなくププもそうなることでしょう。

リ~ング!

2005年08月19日 (金) | 編集 |
1年ぶりに神戸へ遊びに行って来ました。前回はお腹にププルンがいましたので、親子3人で行くのは2度目になるんだなあと感慨深かったです。

あの店に寄りたい、あれも食べたいこれも食べたいと、したいことだらけだったのに、ベビー連れでは予想通りに移動が難しくて前回以上に自由の利かない小旅行でした。

一番食べたかった南京街の外れにある白しょうゆラーメンの店は狭くて入れないし。とほん。

それでも久々に都会らしい場所へ身を置くと、色々と新鮮な情報を目にすることができて楽しかったです。

ずっと行きたかった神戸スイーツハーバーも覗いてきました。古今東西の有名菓子店が軒を連ねるお菓子の博覧会イベントです。

全種類食べちゃうぞー!みたいな勢いで入ったものの、甘い匂いに圧倒されて頭の中がグルグルしてしまいました。若い頃なら小ぶりなケーキぐらい4~5個は食べられたかもしれませんが、眺めてるだけで胸焼けが…うぷ。

結局600円もするソフトボール大の生クリーム+フルーツたっぷりケーキをひとつ買って、連れ合いとフォークでつつきながら一緒に食べておしまいになりました。

よく考えてみたら300円ぐらいの違う種類の物を2つ買えばよかった…次回リベンジ…なるんかいな(死)


2005年08月15日 (月) | 編集 |
今日は盆の送り日です。
連れ合いの実家に義兄家族と一緒に集まりました。

お正月以来の集合ということもあって、私達夫婦は義兄家の姉弟(高校2年生と中学2年生)の成長ぶりに驚き、義兄家族はププルンの成長ぶりに驚いていました。

姪っ子と甥っ子は身体こそ大きくなりましたが、小さい頃と変わらず「おばちゃん、聞いて聞いて!あんな~、えっとな~」と可愛らしい口調で話しかけてくれます。うんうん、おばちゃん嬉しいよ。

ところでお盆の期間中にちょっと不思議なことがありました。

ソファに腰掛けてププを抱っこしていたら、突然ププが手を伸ばして楽しそうに笑い出しました。ププの顔が向いている私の背中側には六畳間があるのですが誰もいない状態です。

まるで後ろに誰かが立っていて、ププをあやしてくれているかのようでした。もしかしたら私の父か、お姑さんだったのかもしれません。

できれば微笑ましい方向に考えたいです。
どうせ幽霊ならなるべく身内の方がいい~!

2005年08月14日 (日) | 編集 |
ププルン9ヶ月目のお誕生日まであと2日というところで、ベッド脇の窓枠に手を掛けて立ち上がれるようになりました。

たっちはできるようになっていたものの、窓枠はかなり高い場所にあるので、まさかまだまだ無理だろうとタカをくくっていたものですからビックリしました。

どうやら飾っていたチョコボ貯金箱を手に取りたかったようです。手のひらをうんと広げ、壁伝いによじ登っていました。ものすごい吸着力というか粘着力です。

スパイダーマンかおまえは(笑)

その潤いを母さんにも分けてくれ(死)

2005年08月13日 (土) | 編集 |
夕方から友人とろりんが数年ぶりに遊びに来てくれました。彼女は連れ合いの会社の先輩の奥様で、連れ合い達と同じ会社に勤めていた人です。

私は連れ合いの会社について、いまだに詳細を良く知りません。年末年始の付け届けをするような習わしも無いので、直属の上司の名前すら知らないのです。

知ってる名前といえば、家で話題に出る程度の身近な職場仲間ぐらいだと思います。ですから夫の会社について詳しく知っているとろりんを羨ましく思います。

駄ヨメな私ですが、社宅で暮らした3年の間に奥様友達はできました。今はもう社宅そのものが無くなってしまったので皆それぞれ持ち家で暮らしていますが、年賀状でご家族の元気そうな成長ぶりを垣間見れることはできます。

当時まだ20代前半ということもあってか多趣味で個性的な奥様が多かったです。狭い社宅をジャマイカ風に飾ってレゲエ音楽をかけてる新婚家庭とか(笑)

とろりんもそんな個性的奥様ーズの中の貴重なヲタク主婦仲間のひとりです。関東からの帰省で忙しい中、ププルンに会いに来てくれました。

数年ぶりの再開だというのに、彼女の到着と同時にものすごい夕立が襲ってきました。彼女を迎えに外に出てみると、高水圧のシャワーを真横から浴びるような降雨量で息も吸えない程です。

おかげでもんのすごい印象的な訪問の記憶が刷り込まれました。彼女の帰宅とともに去っていく雷雲…。さすが只者じゃないと感心させられましたよヲタ主婦マスター。

2005年08月12日 (金) | 編集 |
ププルンと一緒に後輩の家に遊びに行ってきました。
後輩の家の近所には子午線で有名な天文科学館があります。

正確な正午を知らせるサイレンも良く聞こえました。
この環境で暮らしていると子供達の体内時計も正確になりそうです(笑)

彼女の息子T君が、大切に保存していたらしい新聞の切り抜きを手渡してくれました。よく見ると最近流行のご当地戦隊ショーの案内が載っています。

軌道星隊シゴセンジャー

なんか肩のところに135E(東経135度)とか書いてあるし
はっ、はっ、腹が痛いっ(爆笑)

意外にも子供達には大好評なのだそうです。ちなみにT君は悪役のブラック星博士(ゴロ悪ぃ)を本気で怖がっているので、躾のネタとして使うには効果てきめんかも(笑)

そうそう今日は行きと帰りに駅でちょっと良い話がありました。

行きの降車駅階段で、先にベビーカーごとププを降ろしてから脚の不自由なお婆さんを手伝っていたら、通りすがりの老夫婦がププルンの傍に立って「私らが赤ちゃん見てるから心配せんでええよ!」と声をかけてくれました。

帰りの降車駅ではこれまた通りすがりのマッチョなおじさんが「どれ、手伝ってやろう」とベビーカーを抱えて、長い階段を降りてくれました。おじさんはププに手を振って爽やかに去って行きました。

誰かの手助けをした帰り道に、誰かに助けてもらえるだなんてドラマみたいな出来事です。ミラクルミラクル。

てゆーか階段しかないのに無人ってどーなのよ●陽電車。
たすけてシゴセンジャー!

2005年08月08日 (月) | 編集 |
約1年ぶりに大学時代からの友人SayoさんとKちゃんが遊びに来てくれました。娘ちゃん達はそれぞれ小学一年生になり、可愛らしさも一段とアップです。

会社から帰宅した連れ合いが、途中から子供達の相手をしてくれたので助かりました。ビールを飲んだ勢いも手伝ってか(笑)学校の先生みたいにあしらいが上手くてびっくりです。

2人に紙と鉛筆を渡して

「よーし、おまえら今からおばけやしきにいるものたくさん書きだしてこい!」

と、問題を出します。他にも「すっぱいもの」とか「デパートにあるもの」とか、答えをたくさん思いつくような問題を出すわけです。

そうやって時間を稼いでる間にネットをする連れ合い(爆笑)さすがは戦略ゲームが好きな人だけのことはあるなーと感心しました。策士だ!

すると子供たちが書いてきたものがさらに可笑しいのです。

「どくろ」
「がいこつ」
「もっぺらぼう」

「の」じゃなくて「も」かいな(爆笑)
髑髏と骸骨が別物だと認識してるあたりも見逃せないです。

この落書きの紙を保管しておいて、将来2人が親に向かってクソ生意気なことをのたまうようになったら、目の前にブラ下げてやるってのもいいかもしれない。ウフフフ…(邪笑)

子供の頃の落書き(特に文字入り)を保管されるのは、一生の脅迫ネタであると私の経験上から申し上げておきます。

あーゆーのだけは本当に勘弁してくれ実家の母さん!

2005年08月06日 (土) | 編集 |
私が遠慮なしに家の掃除ができるようにと、連れ合いがププルンを連れて外に出かけてくれました。

私の実家で散髪をしてもらうとのことです。

亡くなった私の父にそっくりな頭の形をしているププルン。後頭部の両側がドーンと張り出しているので、真上から見下ろすと自転車のサドルに似ています(実家の母談)

もともと多い毛量のところへ一段と伸びたせいで、自転車のサドルにワラを被せた状態になってきましたので、母に散髪してもらうことにしたのです。

数時間後、連れ合いの腕に抱かれて帰ってきたププルン。

多かった髪をドッサリすかれて地肌が見えるほどスカスカになっています。例えるなら路傍のガイコツに雑草が生えた状態なのです(死)

思えば理容室の娘として生まれた私にも同様の時代がありました。この先ずっと男の子に間違われること必至です。

運命は繰り返す…負の連鎖。

2005年08月02日 (火) | 編集 |
あっぶなかった…
ほんっとに怖かったです今夜の出来事。

夕食時、折りたたみ式のダイニングテーブルにホットプレートを乗せてお好み焼きを焼いていたら、突然テーブルの半分が落ちてガチャ!ガチャーン!と皿が2枚割れる音がしました。同時にププルンの絶叫です。

テーブルの足元をのぞきこむとププが歩行器に乗ったまま悲鳴のような声を上げて泣いていました。辺りには割れた食器とこぼれた食材が散乱していましたが、そんなものに構っていられません。あわててププを抱きかかえて傷がないか確かめました。

落ちたテーブルの半分はちょうつがいが付いていましたので折れた状態になっています。どうやら歩行器に乗ったププがテーブルの脚にぶつかって外してしまったらしいのです。

セッティングの段階でそういう可能性も想定して、一応ホットプレートは我々夫婦が座る側に置いてあったのが不幸中の幸いでした。

もしも皿と一緒に焼きたてのお好み焼きを乗せた、重くて高熱のホットプレートがププに覆いかぶさってきていたらと考えると全身の毛穴が開くほどの恐怖でした。

泣き疲れて眠っている間に後片付けを済ませましたが、夜中に痙攣しないか、お乳を吐いたりしやしないか心配でたまりません。

今この日記を書いているのは明け方に近い夜中なのですが、何度も「ひゃっ!」とか「ふにぇぇ~」といった甲高い声をあげながら激しい寝返りを打っています。

あの出来事をおそらく夢に見ているのだと思います。余ほど怖かったのでしょう。

私もそろそろププの横に並んで眠り、一緒にうなされてこようと思います。ほんとに痩せる思いですよ。思いだけは(死)

2005年08月01日 (月) | 編集 |
どうも。最近ちょっと機関車トーマスの半端なリアル度に慣れてきた関西です。

いつまでもゴードンを怖がってる場合じゃないんですよ母として。
こんなんでも自覚はあるんですよハナクソ程度の。ピーン!

いや自分で振っといてアレなんですが、今日のお話はトーマスの話じゃないんですよ。

朝ギリギリで燃えるゴミ出しをしてきたんですが、夏は危ない季節ですね。ちょっと油断してると嫌なおつゆが出ちゃうんですよ。ドキドキサマーってこういうのをいうんですかね(違)

マンション住まいの我が家は廊下の端にある家なので、うっかり嫌な汁を滴らせたりしたら犯人モロバレなんですよ。

実は去年スイカの皮でやっちゃって、樹脂性の床を泣きながら拭いて歩きました。妊娠7ヶ月の腹がつかえるわ胎動は激しいわで、もしここで死んだらゴミ汁でダイイングメッセージを残すしかないと思いましたよ。

いったい犯人は誰にしたらいいんですか?(死)

炎天下で頑張ってくれてる収集作業の方々にも申し訳ないです。あれはほんとに危険を伴う大変なお仕事だと感謝してますよ。

我々の快適な暮らしは苦労の多い仕事を請け負って下さる方々の努力の上に成り立っとる訳ですよ。分別ぐらい当然じゃないですか。竹串や爪楊枝ぐらい新聞紙に包んで捨てましょうよ。えっへん!

とにかく燃えるゴミの日にガスコンロを青いゴミ袋に詰めて捨てるなんてもってのほかですよ私の叔母さん(実話)そりゃまあガスコンロ自体は燃えるものですけどね(笑…ごとか!)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。