行き詰ってはダイスを転がす毎日です。常に初陣。
2015年04月12日 (日) | 編集 |



Kansaiです。

最近、冷凍うどんを電子レンジでチン解凍してから食べるようになりました。

一玉を2人分に分けて、グレープルさんと朝ごはんに食べたりします。

毎食めんつゆではつまらないので、松茸のお吸い物など色々なインスタントスープで試してみました。

意外にイケたのはお茶漬けの素です。
梅干しも鮭も良い感じ。

今日はコストコのもずくスープにうどんを入れてみました。
かなり味が濃いので、湯を多めにたっぷりと注ぐと美味しいです。

ミネストローネやトムヤムクンにも合うかもしれません。
もちろん麺をそうめんに変えても。

あー、でも…
コーンポタージュは試さなくても無理だと判る。うん。

2015年03月09日 (月) | 編集 |



kansaiです。

数年前からご飯は土鍋で炊いています。
ハリオ製、ガラス蓋のご飯釜が凄いんです。

♪はじめチョロチョロ~中パッパ~♪

あの面倒な火加減調節が要らないんだもん。

強火でガーっと炊くと
湯気の圧力で♪ピー!と笛が鳴ります。

そこで火を止めて15分放置すればOK。
ピカピカつやつやのご飯が炊きあがります。

とても簡単なのですが、困った点がひとつ。
冬場の寒さでは火を止めてから冷めるのが早くなります。

そこで思い立ったのが電子レンジの庫内です。
なんとまあ良い塩梅に保温できるじゃありませんか。

朝イチで仕込んだおでん鍋をブランケットに包んで入れても
夕方までホッカホカでございます。

これまで冷蔵庫で乾燥させたくない夏のメニューを
保冷剤と一緒に一時保管したりと重宝しておりました電子レンジ。
なんでとろ火の煮込み料理用に思いつかなかったのか。ぐやじい。

そんな素敵に活躍してくれる電子レンジですが
夕飯の忙しい時間帯にダブルブッキングしてしまうと
鍋を出さなきゃ使えないのがちょっとツラいところです(笑)







2015年01月12日 (月) | 編集 |



kansaiです。

1/10(土)に地元の神社にて、残り戎こと「えべっさん参り」を堪能。

お土産はもちろんご当地名物の「福玉焼」です。

普通のカステラ焼きと違って、焼きあがりがレアなんです。

サックリ噛むと中からクリーム状の生地がトロ~リ。

もちろん生焼けの小麦粉生地なんて、普通に考えればお腹が痛くなる代物です。

ところがこの店の製法は、特許取得済の安全性お墨付きなのです。

焼き立てが食べたくて焼き鍋一台分を全てお買い上げのお客さんもおられます。

とはいえ焼けたそばから消えるように売れてしまうので、小さめの袋でも大抵はアツアツです。

食べ残っても翌日にオーブントースターで軽く焼けば、サクサクトロ~リが楽しめます。

私の叔父の家では油で揚げ直して食べるそうです。うんまそ~う!

先日関東出身のママ友に、この地元グルメメニューについて話したところ恐ろしい体験談を聞きました。

「私ってば初めて買った時に、てっきり生焼けだと思って全部捨てちゃったのよ~!」

あ~あるある。あるかもんしんない。

私もお祖母ちゃんの手製ホットケーキがこの状態の時に、当たり前に飲み込んだら腹壊した経験あるもん。

トラウマなのか福玉焼の最初の一口だけはいまだにビクビクします(笑)

2015年01月10日 (土) | 編集 |



kansaiです。

昨夜の残り物「クリームシチュー@砕いたスパゲティ入り」を、朝食用のパン・グラタンにしました。

お料理上手なママ友に教えてもらったリメイクメニューです。

コレを知るまではず~っとシチューはシチューのまま温め直して食べるだけでした。

はっ!
パン…グラタン…だと?

材料の半分以上が小麦粉や~ん。


2014年12月13日 (土) | 編集 |



Kansaiです。

家族で久々の神戸三宮へ。

昼食に人気のローストビーフ店へ入ろうとしましたが、開店前からの長蛇の列に断念しました。

夕飯は帰り道で飲める店に行こうと決めて地元の周辺駅を流していると、ローストビーフに力を入れているバルを発見。

そこでグレープルさんが頼んだのが、写真のローストビーフ丼です。

放射状にお肉がどっさりハミ出ております。まじか!

小学4年生女子(身長130前半)がそれを完食。まじか!

父と母は鴨のローストに舌鼓を打ちつつ生ビールをゴキュゴキュ。ぷはー!

遠出先でのリベンジを帰り道の地元で晴らせるなんて、まさに灯台もと暗しでした。

ところで私はこれまで日本酒&ワイン党であり、ビールを全く受け付けない体質だと思い込んでおりました。

好きではないビールを宴会場で勧められて仕方なく飲むと、たいてい胃と背中が痛くなり、数分経つと頭痛に至っていたからです。

最初の一口は美味しいのですが、その後は苦味と臭みが苦手で、コップに口もつけない有様です。

ところがこの店で飲んだキリンラガーの生は、あまりの美味しさにまさかのジョッキで2杯。

意外にも体調に異常は出ず、帰り道もほろ酔いの良い気持ちで過ごすことができました。

考えられる要因は、ジョッキの厚みと状態です。

凍結直前のキンキンに冷えたビールが最後まで保たれていたので、温まると発生する臭みと苦味を感じないまま飲み干せたのだと思います。

おかわりを頼んでみると、良く冷えた新しいジョッキに取り換えられたビールが運ばれてきました。なるほどジョッキか!

アカン!まさかこの歳でビールのポテンシャルに開眼するなんて。

よくビールが女性の美容に良いと聞くので、この機会にちょっと調べてみたのですが、なんとビール大麦の持つ天然植物性シリコンが「骨密度」を保つ力を持っているのだとか。

現在、骨密度不足でエディロール(ビタミンD)を医師から処方されて飲んでいる私にとっては大変な朗報です。

ワ~イ!大義名分♪大義名分♪